つながる大地の絵@まあるい学校

紙の両端にしるしをつけておいて。
そのあいだを、自由につないで。

それを大地と見立てて描いて、
あとでみんなでつなげると


大地の絵・つながった

壮大な、巻物みたいになるのです。
これ、以前先輩に教わったアイディアです
(ゆか先生、ありがとうです、未だに楽しんでシェアしてます!m(_ _)m)。


大地の絵・綿棒がはしる

綿棒と絵の具で、サインペンみたいにずんずん描けます。
みなさんの線描、どこを切り取っても味わい深く。

大地の絵・おやつをとりあうトリ

おやつを取り合う鳥。

大地の絵・ぴらにあ

池いっぱいのサカナ。

大地の絵・わのやぎ

崖に立つヤギ。

大地の絵・汽車

汽車。

大地の絵・UFO

大都会。
あ、UFOも。

大地の絵・昔の風景

遠目に眺めるだけでも、疎密のバランス、美しく。

大地の絵・星空

描きたいものをただ描いてるだけ。
順序も意図も無い、心地よいリズム。

大地の絵・地球の中へ

こちらは、大地の奥、地球の中へ。
何層も、何層も、豊かな景色が掘り起こされ。


大地の絵・そらへ

空へ向かって何かが立ち上るなにかを描く人もいれば


大地の絵・たま

表層を埋め尽くす美しい模様に没頭する人も・・・




ただ、大地の線を結ぶだけ。
それだけではじまる、個々の世界。

いつものことなんですけど、
ほんと毎度毎度なのですが、
豊かなものがどっさり出て来て
参ります。

いい。
としか言えない語彙がざんねん。
ああでも、ほんとに
いいなあああああ(^0^)。



かえりぎわ、車までついてきてくれた女の子が

「みて!ここにも作品あるよ」って

大地の絵・土に

昨日の雨がひいたあとの、
地面の割れ目に生まれた絵、
教えてくれました。


大地の絵・かんばん

まあるいがっこう。
ますますまあるくなりましたよ。

大地の絵・げる2

まんまるの住居、ゲルにての、初の図工。


豊かな森や沢を含む、
ひろいひろい敷地の中で。

ますます豊かに深くなる、
みなさんの作るものが、
これからますますたのしみです。




スポンサーサイト

春の水

先週、上の方でどっさり降った雨や雪が
時間差で流れてきたのでしょうか

みずみずのはる・景色

隣の小川がドウドウいっています

みずみずのはる・みず2

水かさ増して、しぶきをあげて
元気よく流れていきます

みずみずのはる・みず1

みてしまうなー。
いつまでも、見ちゃうなー。

みずみずのはる・くるっとはっぱ

君はだれでしょう、
冬枯れの地面に眩しすぎる緑。

みずみずのはる・しろはな

こちらもいっせいに、急に咲きました。
どちらさまですか。
うつくしー(^^)。

みずみずのはる・はっぱ

かわいいはっぱ、なんでしょうね。
わからないけど、見惚れちゃうなあ。

みずみずのはる・ニリンソウ

これはわかる、ニリンソウ。
ぽつぽつ咲き始めたところ。


遠目にはまだ、枯れ草色でも。
一旦いきなり雪にまみれても。

着々と色が戻ってきました。

オオトリ1

明るい時間も延びて。
夕暮れに現れた大きな鳥。





てとてと市まであと40日

気づけば、てとてと市まで
あと40日と迫った今

てとらふ1

大急ぎで、フライヤー制作中です。

もう今週中には刷りたいなあ。
そんでメンバーのみなさんにお渡しして、
ひとつき前には、撒きはじめたい、なあ。

てとらふ・ひ

今日はみぞれまじりの土砂降りで
寒くて薪ストーブ焚いてます。


これがあとたった40日で

たきたき3

こんな風景になる、はず。


出店予定の皆皆様は、総勢44店舗。

てとらふ2

どなたも内容が濃くて、工夫に満ちていて、
ひとりひとりの「ひとがら」そのものが見えて。
こういうところでしか出会えない、あたたかいものがいっぱい。


「出店」て。
売り上げだけが全てではないけれど、
あまりにも人が来ないとか、
出費ばかりがかさんでしまうとかになると
自信をなくしたり、悲しかったりするもので。

自分のできることで
ひとに喜んでもらえることって
なんだろう(?_?)

とか

対価がいくらだったら、
お互いに無理がないのだろう(?_?)

とかの

試行錯誤の、連続。

卑屈にならず、
高慢にもならず。
ありのまま、取り繕いもせず
ちょうどよい具合に、他者とつながりあうために。

どうしたらいいだろう(?_?)

っていう修行のような。

世間に向かって自分をひらき続ける勇気、問われるような。

毎年本当に勉強になります。
もうすぐその、学びが再び、はじまります・・・



てとらふ3

リスペクトして止まない、すてきな出店仲間のみなさん。
その大事なお名前、今から、清書します。
ご一緒できるご縁に感謝。

合掌。

えい。

書く。


春一番に戻ってくる色

枯れ草色の冬景色に
最初に戻ってくる色は


はるきた・あぶらちゃん1


このきみどりがかった、控えめな黄色。
アブラチャンの木の花です。


はるきた・アブラチャン


泡立つように、この2日ほどでぽこぽこと咲いて

森に色がさし込まれ。


はるきた・スギ


赤茶の花粉を落としたスギの木も、
瑞々しいみどりが、復活して。


はるきた・うめ2

梅も

はるきた・水仙

水仙も、と


続々と
日々
続々と


大地に色が
戻って来ています。


ここからはもう、
目をみはる毎日。

平筆いっぽん

とりあえず、

平筆があればいい、と。

油絵をはじめるとき、予備校で教わりました。
今はどう教えているのかな。



平筆は

カドを使えば点描もできるし

ひらふで・点々



細い線も描きやすいし

ひらふで・あめ



ざっと大きく塗るにも、いい。

ひらふで・とんぼ

ひらふで、べんりです(^^)。
結局コレばっかり使ってるなあ。


ただいま、マルシェ仲間の看板を仕上げ中。
必要なご縁を、ちゃんとちゃんと呼んでくれるよう、
祈りを込めて描いています。
ぺたぺた。





プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

最近の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

2015年4月より1年間限定で
小淵沢駅からすぐの小さなお部屋にて
毎週金曜「こどもアート・ぐるぐるへび」を開講します。

その他、出前アート教室をあちこちで開催中。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR