大切なページ

今日は8月最後のマルシェでした。
朝いちばんの、まだいろいろ準備中のときに、
絵本をみていってくださった
都内の歯科医師の男性が
大切なページ3
この本の

大切なページ
このページの

大切なページ2
この部分がいい、と伝えてくださいました。


ここはわたしにとって

とっても大事なページでして

「いい」と言っていただいて

息をのみました。


詳細は省きますけれど
この形で描きたいという私に
担当編集者はとても筋の通った変更を指示しました。

編集者のいうことは、
言葉だけきくと筋がとおっていて
でも
私はそうはしたくなくて。

誰かを傷つけるとか
明らかに間違いであるとかなら
変更ももちろん受け入れるのですが。
そうでないのだったら。
描きたいように、描きたい。

でも、口では、勝てない。

渋る私に
「前例だから」
「編集部一致の意見」
「読者のため」
とかのワードで説得が行われます。
腑に落ちれば喜んで従うのですが、なぜかここは、どうしてもつらい。
このページだけに、数週間ものやり取りが続きました。

しまいには「私さえ我慢すれば、いいんだな」という状況にまで追い込まれ。

でもちょっと待て、と思ったんです。


本に名を晒すのその当人が、
考えても考えてもいまひとつ心にストンと来ない
眠れないほど苦しい思いをしながら
本意でない構図で描かなきゃいけないの、おかしくないですか。

私の方で言える理由、それは
「そうしたいから」。
・・・これが、シゴトという現場で、
不思議に極度に幼稚でワガママにきこえるワードなのですが。

でも、それ以外なんて言えばいいんだ。
「そうしたいから」。
それ意外の理由は、全部あとづけ。

そうじゃなければ、描かない、という覚悟を滲ませつつ
出版が流れることも覚悟して、どストレートに伝えたところ。
とおりました。
私が描きたかった構図で、いけることになりました。


数週間の格闘。

私にとっては、勝ち取った構図。

大切なページ2

たまたまとおりかかって、
このページを「いいなあ」と
言葉にしてくださったその男性。

ああ、よかった。
おかしくないですよね。
流れを切らずに、よめますよね。
ああ、よかった(T_T)。


お子さんに是非読ませたいと、
見本にひろげていたそれを、購入したいと仰ってくださったので
すでに絶版、手元にはあまり無いのですが
これも何かのご縁、この方になら、持っていてほしい、と
リゾナーレのピーマン通りで朝から半泣きになりながら、
お渡ししました。


世界中が敵にみえたとしても。
どうしても、心がYesと言わない時は。
どうしても、どうしても、そうならば。
誰に嫌われようと、煩わせようと、自分の思いを伝えるしかない。
そのことを学んだページでした。

そう、もし誰もここを「いい」と言ってくれなくても、
もはや問題でないのですが。
でも、大変にうれしかったです。

勇気を頂く朝でした。



スポンサーサイト

ぎっしりな雑誌

でました。


現代農業 2014年 12月号 [雑誌]現代農業 2014年 12月号 [雑誌]
(2014/11/05)
不明

商品詳細を見る


でましたよ。
ええ。

まさかのまさか、
わたし、載ってます。

のった1
手元に残った練習の子たち。
こういう絵で載ってます〜(^^)。



ウッドガスストーブ&ロケットストーブの特集の
最初数ページ描かせていただきました。
こんなにシロウトで初心者でもここまでできるよっていうページです。



その後に続く方々がすごいです・・・(°0°;)

一斗缶組み合わせてオーブンまでつくっちゃうとか。
炎の色が楽しめる、宇宙人みたいに可愛いストーブとか。



ほかにも

◯貯蔵・保存のワザ拝見
(貯蔵できてこそ自給は完成しますよねえ)

◯稲作農家おすすめ ご飯のおとも
(シソじゃなくてバジル使った油味噌とか、おいしそう)

◯中学生農家・土着菌ボカシ
(レベル高い文章に目眩が…机上ではない、現場の学問)

◯覆土のかわりにモミガラくん炭で発芽率アップ
(くん炭ならつくれる、うれしい〜〜)

◯アメリカ議会では見捨てられたTPP
(うん、農や食の話と切り離せませんよね)

・・・などなど。などなどなど。


ぎゅぎゅーっとぎっしりな雑誌です。

なにしろぜんぶ、どなたかの生活の必要から生まれて来た
実践済みのことばかりなんです。



雑誌の情報はあっというまに古くなるものも多いです。
でも「現代農業」は、昨年の12月号もまだ読み応えたっぷりで
もしこれが古くなるとしたら、そのときは
この記事を叩き台に自分で新しいメソッドを見つけた時、かもしれません。


いつも読んでるよ、というかたも
そんな雑誌しらない、というひとも。

これも何かのご縁ですから、一度どうか手にとって、ご覧ください(^^)!






『トマトのおいしいものがたり』

トマトのおいしい季節がやってまいりました。
いまや世界中で愛されているトマト。
一体どこからどのようにして広まったのでしょうか…




『トマトのおいしいものがたり』



はじまり、はじまり!


とま1
今から500年くらい昔のことです。
メキシコという国に、海を越えてやってきた人たちがいました。
そして、まっかでつやつやの、美しい実を見つけたのです。

とま2
「なんてきれいな実だろう!これはなんというものだね?」
村の人がこたえました。
「ここではトマトってよんでいるよ」
「よし、国に持って帰ろう」


とま3
トマトは海を渡って、スペインという国につきました。
王様のお城に持って行くと、たちまち大評判。

とま4
「まあ、トマトって、宝石みたいにきれいな実だわ!」
「だけど食べられるのかなあ?」
すると、物知りのはかせが言いました。
「トマトは、毒のあるベラドンナという植物によく似ております。
きっとトマトにも毒があるに違いありませんぞ」


とま5
でも、実が美しいトマトは、庭に植えられたり、鉢植えにされたり。
とま6
「まあ、みごとなトマトのお庭ね」
「苗をわけてあげましょう。でも、毒だから食べないようにね」
こうしてトマトは、あちこちの国に広まっていきました。


とま7
そのころ、貧しい人たちは食べ物がなくて困っていました。
「おなかがぺこぺこだね」
「何か食べられるものはないかなあ」

とま8
子どもたちが探しまわっていると、トマトがなっていました。
「みてみて、ネズミがトマトをかじっているよ!」
ネズミたちは、おいしそうにシャクシャク。
「えっ、トマトって毒があるんだよね?」
でも、ネズミたちはぴんぴんしています。

とま9
子どもたちは勇気を出して、トマトをかぷっと食べてみました。
「あっ、ちょっとすっぱいけどおいしい!」
子どもたちはおとなに呼びかけます。

とま10
「トマトを食べてみて、おいしいよ!」
集まったおとなたちも、おそるおそるトマトを食べ始めます。
「わあ、トマトっておいしいなあ!」
「もっと早く、食べてみればよかったね」
みんなはお腹いっぱい食べました。


とま11
トマトのおいしさがわかると、たくさん作られるようになりました。
「トマトソースはスパゲッティにぴったり!」
「スープにしてもおいしいよ」

とま12
トマトの料理も、たくさん生まれました。
今では世界中でいろいろなトマトが食べられています。

(文・山本和子/絵・俵裕子)



ヨーロッパに伝わってから200年もの間、「毒があるから食べちゃダメ」ということで
トマトはただひたすら観賞用だったそうで・・・
よっぽどみんな「きれい!」って思ったんですね(^^)



このお話は「がくしゅうメイト すきっぷ 7月号」に掲載中。
年間契約配本のため、書店では手に入りませんが
私から直に編集部におねがいするとバラで売ってもらえるそうです。
ピーマンやかぼちゃなど、他の夏野菜の学習、カレーのシール(!)など
楽しく学べるページがいっぱい、430円♪
ほしいなという方、私にお声かけくださいまし〜。

トマトの話、刷り上がりました

春休みにモーレツに描いた仕事が、すてきに刷り上がってきました

トマトの話、12ページ分のカラー掲載。
わーーい、うれしいな
とまとえ1
よく、原画と印刷は色が違うといいますが…ええ、実際違うんですが…ここんとこずっと
カラーの仕事はいい方向に違ってくれてます。
印刷のみなさま、ありがとうございます(^0^)/本物よりいい感じ!?

トマトの話は、12ページの間に国境を何度もまたぎ、
時代は100年単位で移ろっています。
資料にかぶりつきで描きましたけど、なにしろ急ぎだったので・・・
たぶん。
「スペインの人が描いたかぐや姫の絵」
みたいになってるんだろうなあ(^^;)。


発売になったらブログで全文紹介OKの許可を得ました。
またこんどちゃんと記事にしますね。




メイトのすきっぷでいつも担当してくださるのは
うら若く美しい20代の女性です。
白くほっそりした儚げな雰囲気ながら、胆力のあるかたで
毎度毎度、作画過程での激しいディスカッションに全力で向き合ってくださいます。

右といえば右、左といえば左、というわけにはいきませんで、
タマシイが納得しないと、手が動かないのが作画です…いつも本当にありがとう、萌さん(T_T)!


彼女と一緒に紡いだページの数々。
とまとえ2

とまとえ3

とまとえ4
内容に合う絵の雰囲気を模索して、
時には新境地が拓けるきっかけとなり。

萌さんとの仕事が運んできてくれるものは、
単に報酬だけでなく
みたことのない自分の絵。
一人では引き出せなかった新しいものを、
いくつも発見できています。

今度のも、今までと違う描き方して、たのしかった!
すきっぷ7月号を手にするみなさま、どうかお楽しみくださいませ~m(_ _)m




きのうのクイズのこたえ。
クイズ2
みなさん、解けました(^^)?
夫は自力で解きました。むむう、やるな。




かくのがすきだ

いろいろあるけど

なんにせよ

絵を仕事にできて

ほんとうに

しあわせだ


かみさま

ありがとうです


しめきりまぢか




まにあいますように




まにあいますように


プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

最近の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

2015年4月より1年間限定で
小淵沢駅からすぐの小さなお部屋にて
毎週金曜「こどもアート・ぐるぐるへび」を開講します。

その他、出前アート教室をあちこちで開催中。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR