踊りだすほど楽しいこと

こどもとのアートの時間は鳥肌モノの感動の連続ですが、
いつも感激してしまうのは
うれしいとき、たのしいときに
からだ全体で
「わーーーい!!(^0^)」な気持ちを
表現してくれるとき、です。



先週の小淵沢こどもアート。
こおどり・いろ6
染め紙遊びでした。


こおどり・たたむ
障子紙を好きな形に折りたたみ

こおどり・つけるつける
いろとりどりの染料に
つける、
つける、
つける!

こおどり・ひろげる
つけすぎてじゃぶじゃぶになった紙を
破らないよう、そーっと開けると

こおどり・できた
うわあ、こんな色になった!と
毎回、大喜び(^0^)

こおどり・いろ1
自分で選んで染めてるんだけど

こおどり・いろ3
あけてみるまで、どうなってるかわからない、
”なるようになる”感じがまた楽しく

こおどり・いろ4
もっと、もっと!
次は、どうなる!?と
色あそび、止まらなくなります。

こおどり・じゃーん!
みて、今度はこんな色!
喜びが、とまりません。
足もめいっぱい、開いちゃうよっ。


色に喜んで歌い出す子、
立ち上がって踊りながら跳ね回る子、
両手を天にかざしながらスキップする子・・・
そういう子どもたちの様子を見ていて
「ああ、色って、本当にすごいエネルギーなんだ」って
再確認します。




この日参加してくれた幼い兄妹、
知らない場所で、知らない人の家で、
最初はちょっと人見知り。
ふたりともお母さんにくっついて
コアラちゃん状態(^^)。
でも、色の力に助けられ、
すぐに夢中になって遊んでくれました。

ああ、また会えた、この瞬間。
色に歓喜する子どもの姿、
何度目にしても、うれしいです。
神々しいなあと思います。



スポンサーサイト

ヨモギで染めてみる2

初の試み、ヘンプコットンてぬぐいの
ヨモギ染め。

5回、染めなおしました。

土日で仕上げるつもりが、
週があけてしまいました。

よもそめ3

いやーなんとか染まった。

よもそめ1

みょうばん媒染なのでやはり黄色系。
やしゃぶしの時より、微妙に若々しい感じの
淡い黄緑色になりました。


よもそめ4

ぬかくど君は3日にわたって大活躍。
サンタクロースの袋いっぱいぐらいの籾殻、消費しました。
地域でもらえる大量の籾殻と、
抜いても抜いても使い切れないヨモギ。
身の回りに自然にあるものに、色を分けていただいたてぬぐい。


よもそめ2

てぬぐい7本。
ストール3本。
今月末から始まるリゾナーレのマルシェに持って行きます(^0^)。



にじいろの龍、空を泳ぐ

今月で3回目となりました、
毎月第一水曜の
エンガワカフェさんでの図工の時間。
えんがわ9・1
すてきな照明&椅子&机で、静かにジャズまで流れてて、
こんないいムードの場所でワークショップなぞ、したことないです!

今回は、水性ペンをつかった色遊び。
えんがわ9・2
キッチンペーパーに1円玉くらいの大きさの◯を描き、しっかりぬりつぶし、
まんなかにそっと水筆を置きます。

えんがわ9・4
置くだけ、置くだけ、動かさない。
そうすると水が勝手にじわじわ、インクを外へ外へと拡げてくれて・・・

えんがわ9・3
こんなふうに、美しい虹色のまるができます。


ひとつだったはずの色が2色、3色とひろがる不思議。
じわじわ、しみしみ、じっと堪能しました。
もうちょっとやりたい、あともう1枚・・と
たくさん作ったそれをつなぎあわせて

えんがわ9・できたできた
空を泳ぐ、虹色の龍に。

えんがわ9・できた
1時間半もかけた、力作です!



「図工の時間」はまだ3回ですが
その3回とも参加してくださったこちらのご兄弟、
お母さん曰く
「これに参加したあと、子どもの気持ちがおだやかになる」
とのこと。
実は時々そのように言ってくださる方がいて、
ありがたいやら、ふしぎやら、なのです。


あ、でも私も、作品がひとつ完成するとほっとするなあ。
大竹伸郎さんも、著書で同じようなこと書いてたなあ。







今回は「写経ですか」というくらいお静かな雰囲気の制作でしたが
(水筆たててじーっとするとか、瞑想みたいなのですよ)

次回は、笑い取りに行きますので。
えんがわ10
なーにがうそつきなのでしょうか。
うしししし、また、来月!(^^)。

やめられないとまらない、染め紙あそび

そめそめいいかお
夏だけ教室2日目に行った、染め紙遊び。

元小学校教諭の大先輩から教わりました。

先輩が、学校時代はもちろん、そこ辞めてえいやーっとニュージーランドに渡った際にも
あちらの方々とも言語を越えて楽しんだという造形遊び。
そのあと先輩はフリースクールを立ち上げ、私もお手伝いさせていただいたのですが
様々な年齢の子が混じりあう場でも大いに楽しみました。

そめそめ1
1人10枚程度は障子紙を用意しておきます。
なにしろいっぱいやりたくなるんです。
カットする準備は果てしないですが、その甲斐は絶対アリ(^^)b

そめそめあけます1
障子紙はぬれても強いです。
そーっと開ければ、大きくは破れません。

そめそめあけます2
こんなにびしょびしょでも、まあ大丈夫(^^)。

加減を覚えれば、もっと楽。
そめそめあけあけ2
新聞紙の間にどんどん重ねます

そめそめあけあけ1
もうやめられない、とまらない♪

そめそめできた3
教室のあちこちから「みて!」の声が飛び交い

そめそめ
カメラが大忙しであります

そめそめはなに
・・・おおっ、お花になってるね!

そめそめできた1
こうしてできた、たくさんの染め紙、何かに使えないかと思いまして

今回はやりませんでしたが、うちわにするという手も考えてみました
そめそめうちわ
ご家庭で余った針金ハンガーをつかいます

そめそめうちわ2
こんなかんじ(^^)。

そめそめ3
ぽち袋の型紙をお渡ししましたが、

そめそめできた2
どうぞいろいろ、ご活用ください〜(^0^)/



たまねぎからとる、おひさま色

タマネギの皮で染め物をしました。

「タマネギ&ミョウバン」での染め物は、
誰もが集めやすくて、食べても平気な安心材料。
いつもの料理用のお鍋でできるのがうれしいところ。
たまねぎそめ1
いつか子どもの教室でやりたいと思いながら
今まで私にご縁のあった場所ではできませんでした。

タマネギの皮をストックしては、廃棄しての繰り返し・・・


でももしかして、その機会がきちゃうかもよ?と
昨日、そんなフラグがいくつか立ちまして、
もーそしたらストック掘り出して、試作しちゃうのです。

たまねぎの皮から取り出した、こっくりと艶やかな、黄金色。
たまねぎそめ3
これを布へとうつしますと、

たまねぎそめ2
きれいなおひさま色になりました!

これが洗濯にどのくらい耐えるか、
もっと濃くできるか、模様の工夫は・・・・・・などなど、
これから試作を繰り返して、ベストを探っていきますが。

もしかして、これから出会う場においては、
◯数時間の待ちを、子どもが持て余さない、
◯煮炊きから一緒に楽しめる(私よりカマド扱いがうまい子は山ほどいるし!)、
◯タマネギの他にも、簡単に集められる材料がありそう…
などなど、
これまでネックになってた事が解消されちゃうかもしれず、
いやー、
まいった、
わくわくしてきちゃった!


きっかけのひとつになったのは、きのう
夏至のすてきなイベントに誘っていただいたこと。
日程があわなくて残念だったんですが
「じゃあ来年ね〜」と主催者さんが言ってくださって、
それが叶おうと叶うまいと
とにかく嬉しく光栄だったんです。

森の中で、一日中まったり、夏至を祝うイベントなんて、素敵すぎる!


そのイメージにひっぱられ、しまいこんでた箱がひとつ開きました。
まだなんかあるかもしれません。
今までは仕方なくフタしてきた、何かが。

今日取り出したこのおひさま色を、
いつかみなさんと一緒にシェアできることを願って。
精進、精進です。



プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR