嗅覚が冴えていく

体の声を聞こう、と決めて。
食事などに気をつけるようになって。

どんどん体調が良くなって、
どんどん気持ちもおちついていって、
とにかくますます健康に、整っていくばかりでして

ありがたい限り、なのですが。

ひとつ、
あまりに嗅覚が冴えてきていることに
戸惑っています。



店に入ったとたんに、他のお客さんの服から香る洗剤のにおいに参ってしまう、とか。
どうやら私しか感じない、家の中のわずかな匂いを捉えては、家族を困惑させたりとか。

あげく、ちょっと街にでていくと、途端に体調を崩すようになって。
移動に疲れただけかと思いきや、うちの近くの山林地帯までくると
すすすすーっと頭痛も吐き気も抜けて行く、なんてことが続き。


IMGP2016.jpg

でも

元気なのです、ほんとうに。

風邪引くことも熱出すことも、まず滅多になくなって。
月に一度の苦しみも、いまや無痛。
髪の毛や爪の状態も、20代の頃より断然良いのです。


IMGP2015.jpg

何度か、街に出ては体調崩して青息吐息・・・を繰り返したここ1〜2年。
そんなにsensitiveになってもらっては困ると思いながらも、どうにもならなくて。

このたび、大事な大事な我がイトコの、結婚式への出席を断念。
一番なかよしで、
一番祝福したい彼女の式。

私の体は行けないけれど、
ウェルカムボードなるもので、参列させていただくことにしました。


IMGP2013.jpg

世の中にそういうものがあって良かった。
せめてものきもち、形にできる。

式の準備の忙しい中、昨年末には二人で遊びに来てくれた
だいじなだいじな妹分。


私のからだはこれからどこへ向かうんだろう、と懸念しつつ。
いつも願っていたとおりになっているような気もするのです。

今食べるべきもの、そうでないものを瞬時に判断できる動物たちのように。
自分の体の本来の願いと、感覚とを、一致させたいと願ってきました。


ヒトの暮らしと、その願いとを、穏やかに共存させたいなあ。



スポンサーサイト

雪のおふとん

きのうの積雪、15センチ程度。

IMGP1923.jpg

この地においては、みなさん、「軽く済んでよかったね」というボリュームの雪でした。

IMGP1924.jpg

久々の雪化粧が眩しく美しく、なんだか若干あたたかく感じられるほど。
でしたが。


今日からの寒さときたら。

IMGP1945.jpg

宮沢賢治のお話にでてくるような、美しくもおそろしい荒天。

晴れてたのに急にまっくらな吹雪、とか
砂嵐のような地吹雪、とかの

ここんとこ経験してないような、別次元の冬。


きのうの雪は、畑をしっかり覆っています。

ありがたや、雪のおふとんです!



数日続くという寒波から、
植物たち、ぬくぬく守られますように。

ぬくぬく(^^)。

スギの葉、カラマツ、アヤメなど

IMG_2473.jpg


スギの葉、

IMGP1907.jpg

カラマツ、

IMGP1905.jpg

アヤメの花のあと、
などなど、
とかとか。

IMGP1908.jpg

名もわからない木の、
小枝のほんの先っぽ、までも。



IMGP1904.jpg

どんなに小さくなっていても、

描こうと思って向き合うと、

それはそれは味わい深く。


IMGP1910.jpg

そんな美しいものを
毎日じゃんじゃん焚いていて。

焚いても、焚いても、森には今も
命を終えた枝や葉がじゃんじゃん、
つもりつもって、使い切れるような量じゃなくて。

そのほんのカケラが、こんなにも、いちいち、
絵になる美しさを宿していて・・・





ぜいたくだ。


まったく、ぜいたくだー。


うきうきライオン

自由画帳の一冊をてきとうに
ぱかっと開いて出てきた一枚。

うきうき走るライオンくん。



たぶん5年くらい前、移住直前のころのやつ。
らくーに、描いてるなあ。
ここで筆を置けるようになって、よかったなあ。



小さいみなさんの、歓喜あふれる制作ぶりを、
毎日毎日
毎週毎週
浴びるように見届けて。

つられてうっかり、一度は描けなくなった自分が、
5年後たったら筆を持ち。
10年と少したったら、今度は何にも考えずに
ただ描くというこどもスタイルな挑戦をはじめ。

そのころから、今もこっそり描きためている自由画帳。
数冊、同時進行で描いています。

是か非かのモノサシをようやく手放した、
自分にとっては解放の記録。
またうっかり硬直しないように。
筋トレみたいに、時々描きます。





このブログは、教室の保護者のみなさんへのお便り代わりとして始めたもので
教室を手放した今、そして、
子どもに限らずおとなのみなさんとも、活動の範囲を広げている今、

「こどもアート」のタイトルをどうしようかと、思った時期もありましたが。

小さい人たちから学んだことが
これまでも、これからも、大事な軸になると思うので。

ことしも、これからも、
「こどもアート・ぐるぐるへび」で
日々の手しごと、土しごと、糸しごと・・・
暮らしのいろいろ、かいていくつもりですm(_ _)m。

読んでくださっているみなさん、いつもありがとうございますm(_ _)m!





家族の肖像

おとうさんと、
おかあさんと、
高校生の娘さんとの。

みなさんそろって、地に足ついた、
クリエイティブでユニークな暮らしを営んでおられる、
たくましい3人家族の。

おかあさんから、おとうさんへ。


今年のクリスマスの、贈り物にと
絵の依頼をお受けしたのが、初秋のころ。


景色でも動物でもなんでもおまかせ(^0^)!という
ありがたくも恐れ多い、まるっと自由なオーダーで

ありがたくありがたく
たのしくたのしく描かせていただいたのが、

こちら。





意外なほど、明るく眩しい
水の中の世界。


描く前に思いっきり、
神頼みしてみました。

かみさま、かみさま、あのご家族にちょうどよいものを
この紙の上に、私の体をとおして描いてください
とかなんとか、柏手打ってお願いして

あとは何にも考えず
スルスルと楽しく
描かせていただいて。



ほんとうに楽しく描けました。
実は描く前は緊張してましたが、描き始めたらあっという間でした。
たのしいご依頼を、ありがとうございましたm(_ _)m!

きょう、クリスマス。

まったくユニークで、お話うかがうたび楽しくなる、
あのすてきなご家族の、楽しいおうちの一角に。

この絵がするっと置かせてもらえること、
光栄です、うれしいです。

(^^)
めりーくりすます。
プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)

出張図工屋、ときどき絵描き。
さまざまな「手のこと」をみなさんとシェアしながら
暮らすこと、生きることの知恵を
取り戻す活動をしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
の2カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR