小さいぼうしが編めるタコさんたち

昨夜の「織物あそび」のワークショップにて
こんなのもありますよ、と持っていった

段ボールと竹ぐしでつくったミョーな生き物たち↓

ぼうしたち

参加者さんが撮ってFacebookで紹介してくださった写真、
きれいだったので拝借したかったのになんだか切れてしまってますが(^^;)
まあいいでしょう、こんな感じのやつなんです、
これで小さなニット帽子がじゃんじゃん編めます。

リリアン編みで。
竹串を編み棒にすると尚やりやすいですよ。
帽子の最後はぎゅっと絞っちゃえば大丈夫。
裾は勝手にくるんと丸くなるから、楽ですよ〜。


これ、学童保育とか、フリースクールとかで、
いいんじゃないかとおもって(^^)。

よかったらやってみてくださいね〜m(_ _)m。


短時間のワークショップで取り組むのもいいけど、
日々、通っていく場所に、
「今日はあのつづきやろうっと」とか思いながら
子どもが集まってきてくれるのも
いいなあ、なんて
思ったのです。


フリースクールのお手伝いをしはじめた、20代のころ。
毛糸のポンポン作りの支度をしていたら
ずっとずっとドアの外にいた女の子がするっと中に入って来て
まるでいつもそうしていたかのように
みんなと一緒に毛糸で遊んでいった、そんな経験があります。

ドアの外の彼女に気のきいた声かけもできなかった自分、
図工屋でたすかった、と思いました。




無心になれる糸仕事が、
新しい場に馴染むきっかけになったら、いいな(^^)。


もうすぐ、春ですねえ。
新しい時間、はじまりますね。



スポンサーサイト

ぐんてのうさぎを作ってみよう

春休みに、おうちで、地域のあつまりで
お子さんといっしょにうさぎの人形をつくってみませんか。

うさつく0

軍手一組でできますよ。
おなかに小さな絵本が入りますよ(^^)。




これ、私の教室の大人気メニューであります。
大人気ですが、実は、子どもが自分でできる部分がやや少ないため
親子制作の方が向いている、ということに
最近になって気がつきました。

もっと子どもが自分でつくりやすい、
いい方法があるかもしれませんが、
とりあえず私のウサギの作り方、紹介します〜。




うさつく1

材料
◯軍手ひとくみ
◯わた げんこつ大2つ
◯マフラーにする楽しい布
◯目になるボタンや木の実など

あとボンド、はさみ、必要です。

ミニ絵本もじゃんじゃんつくっておきましょう。
色えんぴつもあるといいですね。


うさつく2

このように指をひっこめます。
で、一部ハサミで少しだけ切ります。

…顔になる方にペンで目をかいてみました。
どうでしょう、これだけでもう、見当つく方もいるのでは♪

うさつく3

それぞれに綿をいれますよ。



うさつく4

入れましたよ、ふっくらしましたよ。



うさつく5

合体させます。



うさつく6

マフラーをぐるぐる巻きます。
手をえいっと下にそろえます、急に人形らしくなります。


うさつく7

目をボンドでつけたり、顔をペンでかいたりして、できあがりです。
!ここはぜひお子さんが描くといいです、すっごくいい顔、描いてくれます(^0^)b!!



可愛いのなんのって、もう、こんな感じですよ。
ぜひ画像だけでものぞいてみてください↓

ぐんてのうさぎ@まあるい学校

ぐんてのうさぎ@エンガワカフェ




ところで、ところで、あらためて。



ぐんてのうさぎに限らず、
このブログで紹介しているアイディアは
もし、いいなと思うもの、使えそうなものがあれば
どなたでもどうぞご利用ください。



私もこれまで多くの先輩方に、たくさんのサポートをいただいて
毎週毎週の造形教室を、なんとか16年まわしてきました。
もうどれがどこまで自分のオリジナルなのかどうか、なんて、
考えるのもナンセンス。
アイディアは天からの贈り物、または天下の回りもの。

なんたって、せっかくそれなりにおもしろいこと思いついちゃったら、
たくさんの方に楽しんでいただきたくなるもので。

私が直接お会いできないようなどこかの誰かに、
届いたらそれも感激です(^0^)。

同じネタでも、伝える人が変われば、違う風味が加わる楽しみもあるもので。


春休み、きますねえ。
なにかお子さんと作りたい方、
このブログの中で何かコレはと思うものがあれば、
どうぞやってみてくださいませ。




今日は、3・11。

起きている事の大きさと、自分の今できることのあまりにささやかなのとで
いてもたってもいられなかった、あの3月を思い出します。
今ここで何ができるだろう、と
思いあまって、
勢いあまって、
「ほとんど何も準備できないときの、造形あそび」を
いくつかブログにアップしていました。

こんなのも、よかったらぜひ。

紙いちまいでできるミニ絵本
いらない紙であそべる・パクパクくん
ゴミがでません・三角窓のミニカード
封筒で・まぐまぐパペット
紙箱のバッグ・動物クリップ
ゆらゆらシーソー
動物のぼうし
こびとのイス
紙のどうぶつえん
おさかなラケット
犬の輪ゴムかけ
ジャンプする牛乳パック
飛ぶこいのぼり

こどもが笑う、おとなも笑う、その声がひびきあう、
そういう時間が増えますように。







ぐんてのうさぎ@まあるい学校

まるうさ・ごあいさつ


10月に、まあるい学校
ぐんてのうさぎを作りましたところ

まるうさ・ぎうぎう


いつものことながら、作るのはあっというまで、
ほんとに気が引ける程あっというまで(^^;)、


まるうさ・いっしょに


でももう、生まれたとたん、コドモは忙しくなるのです。

まるうさ・そいね

いっしょに、あそぶのだ。
話すのだ。
でかけるのだー(^0^)。

まるうさ・ともだち2

本をつくってあげるのだ。

まるうさ・きれいなもの

とっておきのビーズ、
ちょっとかしてあげるのだ。
宝物なんだよ、特別だよ。

まるうさ・忍者

君は忍者だ、
服を描いてあげなくちゃ。
しゅばっと飛ぶよ。
足、はやいよっ。


まるうさ・やっほう


この授業、何年やってても全然ダンドリがうまくいきません。
だってみんな急かすんだもの。
早く早く、私の子をなんとかして!って。

まるうさ・ともだち

バタバタのグダグダで、でもできあがっちゃえばそんなの忘れていただける(^^;)。
大汗かいても、やりがいあります(^^)b。
たのしかったあ。





こどもたちと、うさぎさんたち。
さいしょはちやほや、でもそのうち
ちょっとイジワルもしたり、
でもまたすぐに仲直り。

相手はうさぎの人形なのに。そもそも、綿と手袋なのに。
うさぎにすることはつまり、自分にすることも同然。

かわいがったり、親切にしたりするとき
こどもの顔は幸福そうです。




以前お手伝いしていた八王子のフリースクールで
中学生のすらりとした女の子がいつも
ぬいぐるみを大切に同伴していました。
いろんな子がいる中では最も「どこでもやっていけそう」な
バランスのとれた子でした。
ぬいぐるみを友人として連れていること以外は。
その子は食事もおやつも人形といっしょに食べるし
暑さ寒さを気遣い、うれしいことはシェアするし、相づちを求めます。
おだやかな顔、してました。
異様といえば異様ですけど、でも必要だったんだろうと思います。



相手に優しさや配慮を向けると
ダイレクトに自分が癒されてしまう、ということがあります。
「あのときこうしてほしかった」
「こういうふうに言ってほしかった」
そんな痛みが、消えていきます。
過去は塗り替えられないのに。

さらには、直接自分に向けられた言葉ではなくても、同じことが起こったりします。

前回の記事でシェアした、『3月のライオン』の
アニメーションつきYou Tubeに出て来るのは
その重要な場面。

女の子が泣いています。
苛められていたクラスメイトを庇ったら、
今度は自分が苛められるようになってしまったのです。
苦しく悲しい、その一番つらいときに彼女が言い切る
「でも、ぜったい、わたしはまちがっていない」
という言葉に
主人公が癒される場面です。

子どもの頃ずっと仲間はずれにされていて、
その当時にこんな子には出会えなかったけど。
時間を越えて、救われてしまいます。
君は僕の恩人だ、と思う場面です。


過去は、かえられない。
どなたも皆、痛みや悲しみを、
程度の差はあれ、抱えていないひとは、いないと思います。

そのときの自分を、いたわるつもりで。
隙あらば(?)目の前の誰かを媒介に、自分を癒す。


こどもに接する機会のある方にはとくに、
うってつけのヒーリングかなと(^^)。

隙あらば、隙あらば(^^)。








ぐんてのうさぎ@エンガワカフェ

先日の、図工の時間で生まれた
ウサギさんたちをご紹介しますよ。


うさえん0

さっきまで、
綿と
軍手と
布切れだったのにねえ。

うさえん1

もうこうなっちゃったら、ねえ(^^)。
すてきな服を着ていますね、とか
話しかけたくなるですよ(^0^)。

うさえん5

いいですねえ、いいですねえ。
ほっぺとかたまらんですよ。
靴もいいねえ。よかったねえ(^^)。

うさえん2

この子のための絵本も描いてあげちゃうですよ。
花、虹、すてきなものがいっぱいですよ。

うさえん3

こちら、レストランのメニューをお持ちですよ、
口にはちゃんと歯がありますよ(^^)(^^)

うさえん4

どうやったら、こんな、
HAPPYで、
力強くて、
美しいやつ、
作れるっていうんでしょう。

いくら見てても、飽きないよ!


うさえん00

エンガワカフェさんの、柔らかい光の中。
静かに、しかし大興奮の、図工の時間となりました。

世界にひとつの、
こんなすてきなウサギさんたち、
プライスレス!













かたちにいのちを

これは私の大好きな先輩からきいたことばです。
その先輩もまた、尊敬する先輩から受け継いだ言葉だそうで。





「こどもは、かたちに命をみることができる」。





…それはどういうことかといいますと、

かたちにいのちを0

たとえば今、ここに軍手のウサギがあったとして。
子どもと私がここにいて。
私が「どうもはじめまして(^^)」とひとこと、
ウサギに声をかけるだけで。

スイッチ、はいります。

私たちは、2人から→3人になります。

もうひとり、ウサギも「居る」ことになるんです。

かたちにいのち2

話しかけますよ。
絵本も読んであげちゃいますよ。
軍手と綿のカタマリが
まったく愛おしい存在になって、
そこに、本当に、居ることに、なるんです。




そんなこと、といえばただ、そんなこと。
それだけのことなんですけど。

それがもう
ただならぬ幸福感で
そばにいるだけで
幸せシャワーをじゃんじゃん浴びる感じなのです。






ところで、
ブログのタイトルにもなっている、私の持ちネタ「ぐるぐるへび」は
造形教室でのアルバイト時代に、はじめて自分で考えた工作です。


かたちにいのちを00


はじめて「せんせい」になって1年もたつころでした。
当時一番苦戦していた大所帯の保育園で、
今思えば、
あきらかに経験不足な派遣講師たる自分、保育士さんたちに
ヒヤヒヤしながら見守られていたことと思いますが・・・

「つくったあとに、いつまでもいつまでも、楽しく遊べる工作ですね」と
ベテランのみなさんに、お褒めのことばをたくさんいただきまして(;_;)
なにしろ力不足でいっぱいいっぱいの時期でしたから、
予想以上のいい手応えに、ものっっっすごい救われました。


ダンドリがよかったとか
見た目より簡単だとかの
こっちが重視している要素をずばーーーんと飛び越えて。

子どもたちがここに、いのちを吹き込んで
遊んでくれたから。

ああ、こどもって、
そういう能力のある人たちだったんだ!と
学ばせてもらった最初の工作。


かたちにいのちを、みる楽しさ。
子どもはそれを深く深く感じて楽しむ力があるから、
その魔法時間にご一緒したく、
時々、そういう工作をします。




今月は偶然、それが続きます(^^)。

まずは週末、土曜日に。

かたちにいのち・えん



そして月末、ハロウィン当日に。

かたちにいのち・すこ

↑こちら、定員8名とさせていただきますm(_ _)m。

そしてそして、1年半にわたって開催してきました夜の図工@スコヤコーヒー、
これが最終回となります!

夜のすてきな居場所として、地域に浸透してきたスコヤさんには
多くのお客様が訪れるようになり。
また図工もだんだん盛り上がって来まして、
たくさんの方にご参加頂けるようになり・・・

あんな落ち着いたすてきな空間で、
1年半ものご縁をいただけたことに、大感謝ですm(_ _)m!
ラストこそ初心に戻って、みたいな巡り合わせになりましたが
ぐるぐるへび、楽しみましょう〜。


そだ、18日(月)にも
まあるいがっこうにて図工やります(^^)。
これのどっちか、やろうかな〜。





プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

最近の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

2015年4月より1年間限定で
小淵沢駅からすぐの小さなお部屋にて
毎週金曜「こどもアート・ぐるぐるへび」を開講します。

その他、出前アート教室をあちこちで開催中。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR