図工の支度

今しか出来ないこと、が山盛りいっぱいなこの季節。
アレやりながら、コレやりながらの合間合間に、
ぜひともやっておかなきゃいけないのがこの

”枝を集める”

という仕事。





剪定した枝から、葉っぱなどをきれいに落として

IMGP2347.jpg

つるーんとした棒にして、乾燥させて。

IMGP2348.jpg

工作の材料にするのです。
こちらは、3月くらいに採った枝。
次週いよいよ出番の子達。


IMGP1029.jpg

清里は萌木の村にて、
9日(土)&10日(日)に行われる「つくるマーケット」に、
このGOD'S EYEのワークショップで参加します(^0^)。


IMGP1030.jpg

キャンプ場でのワークショップでリクエストいただくことが多く、
この夏に向けて糸集め、枝集めを進めています。



スキマ時間に、せっせ、せっせと少しづつ支度する工作の材料たち。
ワークショップの場に足を運んでくださる皆さんとの、
ご縁の時間をたのしみに、たのしみに(^^)
枝をちょきちょき、糸をマキマキ、しています。


週末、晴れるといいなああ。

スポンサーサイト

たまごの帽子を編む

週明け、夜の図工は
「たまごのぼうしをたくさん編もう」という
シュールな予定であります。



編んでどうするかって。
まったくです、どうするっていうんでしょう。
朝の食卓の、カラつきゆでたまごにかぶせて笑いをとる、以外の使い方がありません(笑)。

IMGP2145 (1)

そんでも、どうしてこんなにハマるんでしょう、毎回。
明日から初出店、リゾナーレに搬入だのに。
編んでる場合じゃないのに、ねえ。


週明け月曜、豆の花での夜の図工。
まだ空きあります(^0^)

!お弁当のご予約は、本日金曜のうちにいただけると、たすかります。
!ヒト用ネックウォーマーの編み機ご希望の方も、
今日中に行っていただけるとご用意できます。



夜7じから9時、豆の花にて。
参加費1500円、あとカフェスペースでのオーダーもぜひ(^^)。
体に優しいドリンク、お菓子など、ご用意しておりますよ。

お申し込みはどうぞこちらへ〜

080−6557−7807
yuuu888@nifty.com

小さいぼうしが編めるタコさんたち

昨夜の「織物あそび」のワークショップにて
こんなのもありますよ、と持っていった

段ボールと竹ぐしでつくったミョーな生き物たち↓

ぼうしたち

参加者さんが撮ってFacebookで紹介してくださった写真、
きれいだったので拝借したかったのになんだか切れてしまってますが(^^;)
まあいいでしょう、こんな感じのやつなんです、
これで小さなニット帽子がじゃんじゃん編めます。

リリアン編みで。
竹串を編み棒にすると尚やりやすいですよ。
帽子の最後はぎゅっと絞っちゃえば大丈夫。
裾は勝手にくるんと丸くなるから、楽ですよ〜。


これ、学童保育とか、フリースクールとかで、
いいんじゃないかとおもって(^^)。

よかったらやってみてくださいね〜m(_ _)m。


短時間のワークショップで取り組むのもいいけど、
日々、通っていく場所に、
「今日はあのつづきやろうっと」とか思いながら
子どもが集まってきてくれるのも
いいなあ、なんて
思ったのです。


フリースクールのお手伝いをしはじめた、20代のころ。
毛糸のポンポン作りの支度をしていたら
ずっとずっとドアの外にいた女の子がするっと中に入って来て
まるでいつもそうしていたかのように
みんなと一緒に毛糸で遊んでいった、そんな経験があります。

ドアの外の彼女に気のきいた声かけもできなかった自分、
図工屋でたすかった、と思いました。




無心になれる糸仕事が、
新しい場に馴染むきっかけになったら、いいな(^^)。


もうすぐ、春ですねえ。
新しい時間、はじまりますね。



ぐんてのうさぎを作ってみよう

春休みに、おうちで、地域のあつまりで
お子さんといっしょにうさぎの人形をつくってみませんか。

うさつく0

軍手一組でできますよ。
おなかに小さな絵本が入りますよ(^^)。




これ、私の教室の大人気メニューであります。
大人気ですが、実は、子どもが自分でできる部分がやや少ないため
親子制作の方が向いている、ということに
最近になって気がつきました。

もっと子どもが自分でつくりやすい、
いい方法があるかもしれませんが、
とりあえず私のウサギの作り方、紹介します〜。




うさつく1

材料
◯軍手ひとくみ
◯わた げんこつ大2つ
◯マフラーにする楽しい布
◯目になるボタンや木の実など

あとボンド、はさみ、必要です。

ミニ絵本もじゃんじゃんつくっておきましょう。
色えんぴつもあるといいですね。


うさつく2

このように指をひっこめます。
で、一部ハサミで少しだけ切ります。

…顔になる方にペンで目をかいてみました。
どうでしょう、これだけでもう、見当つく方もいるのでは♪

うさつく3

それぞれに綿をいれますよ。



うさつく4

入れましたよ、ふっくらしましたよ。



うさつく5

合体させます。



うさつく6

マフラーをぐるぐる巻きます。
手をえいっと下にそろえます、急に人形らしくなります。


うさつく7

目をボンドでつけたり、顔をペンでかいたりして、できあがりです。
!ここはぜひお子さんが描くといいです、すっごくいい顔、描いてくれます(^0^)b!!



可愛いのなんのって、もう、こんな感じですよ。
ぜひ画像だけでものぞいてみてください↓

ぐんてのうさぎ@まあるい学校

ぐんてのうさぎ@エンガワカフェ




ところで、ところで、あらためて。



ぐんてのうさぎに限らず、
このブログで紹介しているアイディアは
もし、いいなと思うもの、使えそうなものがあれば
どなたでもどうぞご利用ください。



私もこれまで多くの先輩方に、たくさんのサポートをいただいて
毎週毎週の造形教室を、なんとか16年まわしてきました。
もうどれがどこまで自分のオリジナルなのかどうか、なんて、
考えるのもナンセンス。
アイディアは天からの贈り物、または天下の回りもの。

なんたって、せっかくそれなりにおもしろいこと思いついちゃったら、
たくさんの方に楽しんでいただきたくなるもので。

私が直接お会いできないようなどこかの誰かに、
届いたらそれも感激です(^0^)。

同じネタでも、伝える人が変われば、違う風味が加わる楽しみもあるもので。


春休み、きますねえ。
なにかお子さんと作りたい方、
このブログの中で何かコレはと思うものがあれば、
どうぞやってみてくださいませ。




今日は、3・11。

起きている事の大きさと、自分の今できることのあまりにささやかなのとで
いてもたってもいられなかった、あの3月を思い出します。
今ここで何ができるだろう、と
思いあまって、
勢いあまって、
「ほとんど何も準備できないときの、造形あそび」を
いくつかブログにアップしていました。

こんなのも、よかったらぜひ。

紙いちまいでできるミニ絵本
いらない紙であそべる・パクパクくん
ゴミがでません・三角窓のミニカード
封筒で・まぐまぐパペット
紙箱のバッグ・動物クリップ
ゆらゆらシーソー
動物のぼうし
こびとのイス
紙のどうぶつえん
おさかなラケット
犬の輪ゴムかけ
ジャンプする牛乳パック
飛ぶこいのぼり

こどもが笑う、おとなも笑う、その声がひびきあう、
そういう時間が増えますように。







ぐんてのうさぎ@まあるい学校

まるうさ・ごあいさつ


10月に、まあるい学校
ぐんてのうさぎを作りましたところ

まるうさ・ぎうぎう


いつものことながら、作るのはあっというまで、
ほんとに気が引ける程あっというまで(^^;)、


まるうさ・いっしょに


でももう、生まれたとたん、コドモは忙しくなるのです。

まるうさ・そいね

いっしょに、あそぶのだ。
話すのだ。
でかけるのだー(^0^)。

まるうさ・ともだち2

本をつくってあげるのだ。

まるうさ・きれいなもの

とっておきのビーズ、
ちょっとかしてあげるのだ。
宝物なんだよ、特別だよ。

まるうさ・忍者

君は忍者だ、
服を描いてあげなくちゃ。
しゅばっと飛ぶよ。
足、はやいよっ。


まるうさ・やっほう


この授業、何年やってても全然ダンドリがうまくいきません。
だってみんな急かすんだもの。
早く早く、私の子をなんとかして!って。

まるうさ・ともだち

バタバタのグダグダで、でもできあがっちゃえばそんなの忘れていただける(^^;)。
大汗かいても、やりがいあります(^^)b。
たのしかったあ。





こどもたちと、うさぎさんたち。
さいしょはちやほや、でもそのうち
ちょっとイジワルもしたり、
でもまたすぐに仲直り。

相手はうさぎの人形なのに。そもそも、綿と手袋なのに。
うさぎにすることはつまり、自分にすることも同然。

かわいがったり、親切にしたりするとき
こどもの顔は幸福そうです。




以前お手伝いしていた八王子のフリースクールで
中学生のすらりとした女の子がいつも
ぬいぐるみを大切に同伴していました。
いろんな子がいる中では最も「どこでもやっていけそう」な
バランスのとれた子でした。
ぬいぐるみを友人として連れていること以外は。
その子は食事もおやつも人形といっしょに食べるし
暑さ寒さを気遣い、うれしいことはシェアするし、相づちを求めます。
おだやかな顔、してました。
異様といえば異様ですけど、でも必要だったんだろうと思います。



相手に優しさや配慮を向けると
ダイレクトに自分が癒されてしまう、ということがあります。
「あのときこうしてほしかった」
「こういうふうに言ってほしかった」
そんな痛みが、消えていきます。
過去は塗り替えられないのに。

さらには、直接自分に向けられた言葉ではなくても、同じことが起こったりします。

前回の記事でシェアした、『3月のライオン』の
アニメーションつきYou Tubeに出て来るのは
その重要な場面。

女の子が泣いています。
苛められていたクラスメイトを庇ったら、
今度は自分が苛められるようになってしまったのです。
苦しく悲しい、その一番つらいときに彼女が言い切る
「でも、ぜったい、わたしはまちがっていない」
という言葉に
主人公が癒される場面です。

子どもの頃ずっと仲間はずれにされていて、
その当時にこんな子には出会えなかったけど。
時間を越えて、救われてしまいます。
君は僕の恩人だ、と思う場面です。


過去は、かえられない。
どなたも皆、痛みや悲しみを、
程度の差はあれ、抱えていないひとは、いないと思います。

そのときの自分を、いたわるつもりで。
隙あらば(?)目の前の誰かを媒介に、自分を癒す。


こどもに接する機会のある方にはとくに、
うってつけのヒーリングかなと(^^)。

隙あらば、隙あらば(^^)。








プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)

出張図工屋、ときどき絵描き。
さまざまな「手のこと」をみなさんとシェアしながら
暮らすこと、生きることの知恵を
取り戻す活動をしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
の2カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR