冬に草木の恵みをいただく

春にとって乾かしておいたうちのヨモギを、
太白ごま油に漬け込んでみました。




乾燥させてさえおけば
草木の恵みは時間を超える、てのが
いつも思うけど、スゴイですねえ。

IMGP1971.jpg

これなんて、早春のちびちびヨモギたち。
オイルに放たれて、その姿をとりもどし中。
すごいなあ。ありがたいなあ。


IMGP1982 (1)

野山はまだ、枯れ草色。

IMGP1983 (1)

畑もぐっすり休眠中。

IMGP1974.jpg

最後に掘り出した大根たち、片っぱしから切り干しに。
お正月太りにめっちゃ効くという切り干し大根茶にしようと思ったのですが
結局フツーに、毎日の汁物にじゃんじゃん入れる、という形で活躍中。
味噌汁、カレー、煮込みうどん、豆乳鍋にもいれちゃいます。

IMGP1976.jpg

豆類たち。
落花生、小豆、花豆、ぺったんこ豆・・・
冷蔵庫いらずの保存食。

IMGP1977.jpg

勝手に生えて、勝手に実ったかぼちゃたち。
こういう子は腐りません。
立春前には、いただこうかな。

IMGP1978.jpg

だいすきな友人、KURIさん、Camino natural lab.さんのハーブたち。
はなやかで香り高く、夏の草木の生命力がぎゅっとつまっている気がします。。
ハーブティーきらいだったのになあ。
この方々のブレンドはいつも、とてもおいしいです。


IMGP1902.jpg


葛の糸での機仕事、水の中できらきらしていた葛たちを思い浮かべながら。
もう半分くらい、使っちゃった。
次の夏までに、使い切るかな。



豊かな豊かな草木の恵み。
正直、夏の盛りにはもう、あまりに豊かすぎちゃって、
受け止めきれない、味わいきれない感じがして。
今ようやく、全てが静止しているこの時期に、
ひとつひとつ自分のペースで味わえるのが心地よいです。


冬、いいな。







スポンサーサイト

年越しヒンメリ

あけましておめでとうございます

m(_ _)m




元旦の朝、最初の視界。
ぴったり日の出の時でした。

目の前に見えるもの
うれしいもの、たのしいものばっかりだなあと
思わず撮った1枚です。

IMGP1809.jpg

大晦日の夜にヒンメリにハマり。
いやー、遊んだ、遊んだ(^^)。

IMGP1806.jpg

きっとまた今年も
飽かず倦まずの手しごと三昧。
何を作ろう、何を描こう、の
2018年のはじまり、はじまり。

みなさまどうぞ
ことしもよろしく
おねがいいたします(^0^)

大きな大きな穴を掘る

この時期恒例の大仕事が、一段落しました。
自分がすっぽり入れるくらいの、大きな穴掘り、終わりましたあ。

大穴いいね

畑じまいから、地面が凍っちゃうまでの、1ヶ月くらいで。
間に合ったあ、よくやった自分!てことで
穴の中で記念撮影(^0^)b。

大穴さいごの石


これからここに、1年かけて、抜いた草やら落ち葉やらを
じゃんじゃん入れます。
ぬかくどで炭になったモミガラも入れるし、
野菜くずも、米ぬかも、とにかく
うちにあるもので
土作りを、していきます。


うちは、こんなにガッチガチの、石みたいな地面だけれど。
分譲地らしくコンクリートの細い壁で仕切られた、
我が家側は、こんなですけど。

壁一枚向こうの森の土は、なんと!
しっとりほくほく、いい香りのする黒い土なんです。

おかしいでしょ、これ。
元はそういう、豊かな土だったはずでしょ。
ミミズ一匹潜り込めない、こんなかた〜〜い土のはず、ない!
・・・という直感から。

毎年、タタミ一畳ほどの場所を
とにかく命が住める土にするってことで
穴を、掘ることにしました。


大穴・草の山

去年の穴にはもう、この夏の草が山もりです。
冬を越え、さらにあと1年ぐらい、
時々シャベルでかき回して、草を土に返していきます。

大穴・大根エリア

そうやって土らしくなってきたかな〜、というところへ、
突如!蒔いてもいないのに大根のみなさんが、わっさわっさと出てきたのが、ここ。
一番最初の、穴のとこ。
繰り返し勝手にふえて、虫もほとんどつかず、
厳冬期突入だというのに、こんなに緑なのは、ここだけ。

大穴・枯れた庭

他の場所はもう、すっかり色がありません。

大穴・石の道

取り急ぎ、植木鉢ていどの深さまでは耕してあるんですけど。
炭や野菜くずの堆肥でテコ入れして、かなりマシな土になったんですけど。

下があのように硬い地面となれば、
空気も水も滞りがち、なのかもしれません。


滞りを、取り去るだけで。
あとは今うちにあるものだけで。


大穴・石のそば1

繰り返しやってくる霜にも負けない

大穴・石のそば2

こんな美しい大根が、勝手に育ってくれています。


全部をこのようにほぐしていくには、
10年あっても足りるかどうか。

それでも、こんなにあからさまに、地面が答えを見せてくれたから。




はい、もう一回。

大穴いいね

今年も、ほったよー(^0^)b!!


竹の筆、再び。

1年ぶりに、同じ場所にて
竹の筆づくりワークショップ、やります。

今週末の土日、白州べるがの、ひだまりドームにて。
本と手しごと 冬ごもりマーケットやりますよ〜(^0^)。
そこで、竹の筆、作りますよ〜〜〜(^0^)。




竹の筆・光に透かして

竹皮の、ほんとに丈夫な繊維だけを
叩いて叩いて整えて。
ミニ竹箒みたいな、筆を作ります。

竹の筆・描いてみる


自分が描きたいように、そして、竹の繊維が行きたい方へと
筆先をよく見つめ、相談しながら
素朴な描き味、楽しみます。


竹の筆・描いたとこ

実はこの筆、「はこび」という木版画の伝統的な道具です。
版木に色をはこぶための、刷り師さんの道具でして
よーく絵の具を含みます。するすると色がよく伸びます。

竹の筆・ブックカバー

当日は、筆を作りながら
その描き味も楽しんでいただきたくて。
ブックカバー、作りましょうね(^^)。
何しろ「本と手しごと」のおまつりですから、ね〜。


竹の筆・在庫

お土産のちまきの皮、とか。おむすびを包んでた1枚の竹皮、とかでもう
はこびが2〜3本つくれます。
このあたりだともう、踏んで歩くほど豊かにありふれた材料ですね。

それが、丈夫な筆になる。
上の筆たちは、学生時代に作ったものです。

土に戻せば土に還り
手元に置けばずっと働いてくれる、
清々しい竹の筆。

版画をされる方だけでなく、絵にも、書にも、はたまた陶の仕事にも。
一生のパートナーとして、作って、使って、愛でてください。

週末、白州で
お待ちしてます〜(^0^)!

大根はつづく

ほんとに最初は発芽するのがやっとだった、うちの大根。
種買って来て蒔いたけど、ほぼ、全滅。
芽が出ても、すぐ消えてしまって。

わずかに数本、ぺんぺん草程度に育ったのがあって。
春先に小さく花を咲かせ、
タネを結んで、それがこぼれて、また芽が出て。

こぼれ種から、あっちとか、こっちとか、あらぬところに気ままに出ては
ヒョロヒョロと命を繋ぎ、また倒れ・・・

その繰り返し、繰り返しで。
ようやく整ってきた畑の土の
一番いいところで、急に大繁殖。
蒔いてもいないのにわっさわっさと生えて来ました。

で、
ちゃんと大根になってくれています。



大根おろしにすると、力強く、爽やかな香りがします。
葉っぱも、まだまだ霜に負けずに、みずみずしくて美味しいです。

食べきれなくて残った株が、また春先にうわーっと咲いて、
うわーっと残してくれた、種。

IMGP1607.jpg

うちではもう、蒔かなくても生えてくるから。
この種は、お近くで欲しいという方があれば、お分けしたいと思います。

当方、標高850メートル。
スギナがようやく生えるかどうかの、過酷な条件にて数年間、
見事にタネをつないだたくましい大根です。

タネをつなぐ、という当たり前のことが
今後ますます尊い事になっていくかも、しれません。

試しに蒔いてみようかなあ、という方がいましたら
師走の出先にて必ず、そっと持参していきますので
どうぞお声かけください。

ついでに告知〜m(_ _)m↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●12月4日(月)
夜の図工@豆の花
19時〜21時 

消しゴムハンコ&冬のグリーティングカードづくり(参加費1500円)



●12月9日(土)10日(日)
「本と手しごと 冬ごもりマーケット」

竹の筆づくり&ブックカバーへのドローイング遊び(参加費1500円)



●12月23日(土)24日(日)
クリスマスマルクト@ポールラッシュ記念館

森の木の実で額縁づくり&絵の時間(参加費1500円)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここにどうぞ、と蒔いた種よりも
自分で勝手に出てくるやつの方が
強くてぐんぐん育ってくれて、虫も全然つかなくて。
最初はもちろん、「この辺でどうですか」って蒔くんですけど。
こぼれ種の行く先を、こっちが追いかけるくらいが楽しいかも。

うちの大根は、きっともう大丈夫、つづきます。
どこか他でも、続くといいな。
タネ欲しい方、そっとお声かけくださいね(^^)。






プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)

出張図工屋、ときどき絵描き。
さまざまな「手のこと」をみなさんとシェアしながら
暮らすこと、生きることの知恵を
取り戻す活動をしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
の2カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR