河原で見つけた陶器片

近所の河原で、石に混じって時々落ちているのがこれ。
陶器片・見本
割れて、流されて、カドの丸くなった
陶器のかけらたちです。
古いのか新しいのかわかりませんが、みつけると集めてしまいます。


これを小学生の観察画のモチーフに。
もともと小さいものですから、おおーきく拡大して描いてもらいました。
陶器片・ゆうしゅん
おっ、それは何か火焔のような模様ですね。

もともとどんな模様だったかわからないまま。
無作為に断ち切られていますから、
見たままを丁寧に追っていきます。

形も。模様も。色の出方も。

陶器片・みか
陶器片・あかつき
「形が同じにならないよ~」と1年生たち。
そうそう、先輩たちは当然のように形を上手に描いてるけど、
最初はみんなそうなんです。難しいよね。

りんごや花のように、それらしい形が予想でも描けちゃうモチーフとは違って
実は結構むずかしい。
でも大丈夫、なぜかみんないつの間に慣れます。
手を動かしてると、手が学んでくれるのだ。
たくさん描こうね。がんばれ~ヽ(^o^)!

陶器片・さとみ
こちらは2年生、さとみちゃん。
拡大しながらそっくりな形に描くって難しいんです。
青の濃淡、きれいですねえ。

陶器片・みさい
3年生ものびやかです。みさいちゃん、お花のかけらをあつめました。

陶器片・まき
まきちゃん。まきちゃんの絵はいつも清潔な感じ

陶器片・さきこ
3年・さきこちゃん。
小さなマルが列になった模様です。

「これ、丸の数があってなくてもいいよね。こういう模様だってわかればいいんだよね」
と、さきこちゃん。そうそう、そのとおり!
見たままを描くことにこだわりすぎて、全体を見失ってはいけないのです。
必要とあらば、情報を取捨選択。

こんなふうに、先輩たちがすぐ横で言ってくれるタイムリーな質問が
何より下級生の気持ちを楽にしてくれます。

このぐらいの子どもが観察画を描くときに
どこを難しいと思うのか。どんなところに戸惑うのか。
私もたくさん教えてもらっています。






スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR