びんの観察画

小学生クラス、今月の観察画のモチーフは

びん

びんです。少しずつためた、インポートもの。
これを見るなり子どもたちが口々に

「先生、これ全部飲んだの!?」「ひとりで飲んだの!?」

…って、まず言う(笑)。

いやいやいや、一気に飲んだ訳じゃないですよ
くいつくのはそこですか

今回も、鉛筆・パステル両方用意して、好きなように使ってもらいました。

びん・ゆうき
どっちで描こうか迷ったけれど、パステルを選んだ1年・ゆうきくん。
へんになるよ~、むずかしいよ~などと言いながらも2つも描きました。
そう、実はびんって、葉っぱや果物を描くときよりも
狂いが気になっちゃうモチーフなのです。
でもいいんです。
絵に正しさなど、求めなくていいんだから。

びん・めい
1年・めいちゃんもパステルを選択。
”びんが小さくなっちゃった…またまわりも描いていい?”と
前回の貝がオニのライブになった観察画のように、自由に景色を足しました。
難しいぞと身構えると、どうしても絵は小さくなるよね。
だけどめいちゃん、またしても、すてきな絵に仕上げました。明るい!

びん・あかつき
2年のチュさんは、夏の油絵で一度びんを描いています。
その油絵より、そしてこれまでのどの観察画より、「今日のが一番うまくいった」とのこと
手が、思いに、ちゃんとついてくるようになってきたんじゃないかなあ♪
使えば使うほど、手が本当に、自分のものになっていく!

びん・きょうか
3年・きょうかちゃん。
うす~いガラス色が、とても丁寧に、繊細に塗られています。
透明感、出てますよね!
手癖でざーっと荒く描いてると、いつまでたってもこの領域には届きません。
地道に、丁寧に。線が集まって、面になるまで。

びん・さとみ
3年・さとみちゃん。
今回の大発見は、びんの底に見えた”明るくなってる丸いところ”だそうで、
ほら見て、本当にそうなってるよ!と教えてくれました。
奥のラベルと手前のラベルをしっかり描いたことでもガラスの透明感が伝わってきます。

透明感って、こうやって、地道に見えた物を描き捉えていくことでしか
表現できないものなんだよね。がんばったなあ。




さてここからは4年生。
われらが教室の最高学年の面々にはやや厳しく、なかなかOKを出さずに
粘って、粘って、粘ってもらいました。

自分でもびっくりするぐらいのを、描いてほしかったのです。

その結果は…次回!






スポンサーサイト
プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

最近の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

2015年4月より1年間限定で
小淵沢駅からすぐの小さなお部屋にて
毎週金曜「こどもアート・ぐるぐるへび」を開講します。

その他、出前アート教室をあちこちで開催中。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR