ねんど遊びみたいな、ひっぱりほうとう

前回のヘヴィな記事に反応していただいたみなさま、
ありがとうございました。
いやー、おもかったですね。
お口直しに(?)胃にやさしい、煮込み麺、ひっぱりほうとうをご紹介。


教えてくださったのは、山梨で出会ったすてきなお母さん。
子どもと一緒につくるのも楽しいし、
アウトドアやイベントにも最適です。

材料(5人分)
地粉(中力粉) 300g
塩       小さじ1弱
ぬるま湯    150cc

このシンプルな材料を、ただよく混ぜて、練って
ひっぱりほうとう1
このようなミニ団子にして、ぬれ布巾でサンドイッチ。
(アウトドアでやる時は、この状態まで作っていくと楽ちん)

ひっぱりほうとう2
これをびよーんとひっぱって、

ひっぱりほうとう3
まんなかを裂いて輪っかにします。
切れちゃってももちろんOK。

ひっぱりほうとう4
ぐつぐつ煮えてる鍋の上で、
ひっぱっては落とし、ひっぱっては落とし・・・

ひっぱりほうとう・できあがり
麺はすぐ火が通ります。
あったかほうとう、できあがり!


うちで使っているのはひこぼしファームさんの地粉です。
足りている6
驚きのなめらかさ、まるで白玉だんごみたいな麺ができます!

知らなかったんですが、小麦って、今から育つんです。
すべてが枯れ草色になっていくこの時期に
きれいな緑の若芽を出しています。
なんて強いんでしょう(°0°)。びっくりです。

ひこぼしファームさんのブログに、その若芽の
かわいいかわいい写真があります
ひこぼしファームブログ・小麦の若芽
作り手のみほこさんはまだ30代。
もとは夫婦とも新宿で会社勤めをしていたとか。
聞いて納得。みほこさん、爽やかOLの雰囲気です。

先日、うちにお寄りいただいた時
みほこさんが絵をひとつ買ってくださいました。
選んだのがこちら、あおむしくん。
足りている5
虫は農家の敵かと思いきや、みほこさんも、
今野菜を買ってるほのぼの農園の佐藤さんも、
「うちはなんでもウェルカムなの」と
愛おしげに虫の絵に反応します。

みほこさんは巨大なスズメバチの巣を見ても
わあ、いいですね〜(^^)とほめてくれました。
薪を届けてくれた林業のおじいさんも
「あれは秋葉山ていうんだ、火の神様だから大事にしなよ」
と教えてくれて、そんな皆様のおかげでどんどん敵が敵じゃなくなって、
きもちが楽になっています。
虫、こわかったし、だいきらいだったのにな〜。


さてさて、みほこさんご夫妻が
なぜいきなり縁もゆかりもない土地でお百姓さんになったのか、
こんど畑を見せていただきながらしっかりお話を伺う約束をしています(^^)
雇われない生き方シリーズ、只今ホウボウに取材申し込み中。
徒然にアップしますのでどうぞご覧ください。
(カテゴリは「Anta Media 」です♪)

スポンサーサイト
プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR