パパと、ママに

リボン結びを覚えたばかりの子が
こないだの授業中、一所懸命練習していました。
お母さんにプレゼント、と空き箱をすてきに飾っていて

それを見ていた後輩、ぼくもぼくも、と
ぱぱとままに2
プレゼントをつめています。

ぱぱとままに3
”これはね、パパに望遠鏡。”

ぱぱとままに1
”これは、ママに指輪。パパにも。”

ぱぱとままに5
3つの箱のプレゼント完成。
せんせい、リボンつけて!というので
それらしく結んでみました。

ぱぱとままに4
プレゼントは他の荷物とぐちゃぐちゃにしてはいけないのです。
”何か袋ちょうだい!”
”ひとつじゃ足りないよ、もうひとつ!”
プレゼントをひとつずつ大事に中にいれて

”おれ、今日はサンタさんだ(^^)”とうれしそう。
いいな!



今読んでる本に、病気の女の子が突然元気になる話がのっています。
貧しいお母さんはその子をおじいちゃんに預け、
街に働きに出ますが思うように稼げず、
ずっと音信不通です。

皆はその子に
「そのうちお母さんは戻ってくるよ、お土産いっぱいもってくるよ」と
励ましのつもりで声をかけてきました。
でもある日、全然違う言葉がけをする女性が登場します。

”お母さんは今とても苦労していて、あなたに会いに戻ってくる事ができない。
あなたが病気で元気がなくて、村も貧しいのを見ても
自分が何も手伝えないのがつらくて、戻って来られないの。
だからあなたが、元気になって、お母さんを幸せにしてあげなくちゃ”


以来、女の子ははりきって家をきれいに整えます。
お母さんが戻って来たとき、みすぼらしい場所に見えないように。
「してもらう」から「してあげる」に気持ちが切り替わった彼女、
どんどん元気になっていきます。

黄色くにごっていた顔色が噓のように、
ほおはバラ色、目はキラキラ、その子がヨチヨチと奮闘しているのを見て
村人たちまで傷んだ塀や通路を補修しはじめます。

おみやげを待っていたときよりずっと楽しそうに、
今度は自分がお母さんに贈り物を用意して待つようになります。




贈り物って、もらうのもうれしいけど
贈る方もうれしい。
わくわくして、元気になっちゃう。

で。

さー、今日の東京は、
大人のみなさんが次世代に大事な贈り物をする日です!

雪で大変?
touhyouhe1.jpg

いや、大丈夫
touhyouhe2.jpg
おひさまが戻って来たもんね!

投票所はたいてい、そんなに遠くない。うきうき歩いて行きましょう。
ハガキを忘れても大丈夫、免許などで問題なくイケます(^^)b

おとなにしかできない贈り物。
いそいそ、うきうき、
投票箱から未来へ、一票!
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR