もし今22の春だったら

教室の卒業生で、大学4年の春を迎えた女の子から
久々に連絡もらって、うきうきとお茶してきました。

12で教室卒業した彼女。
スッキリと美しくなっていて
でも外見だけじゃなくて、中身もピッカピカでした

不登校。
両親の離婚。
経済的困難。
心の風邪。

たった22歳の彼女ですが
めっちゃ苦労しています。
小学校時代がとにかく辛かったと。
そのころしか知らない私、いやほんとに、
ハタから見てても苦しそうでした。

高校あたりから同じような仲間をクラスの中に見つけたり、
自分の辛さを言葉にできるようになってきたことで
どんどん楽になってきんだとか。
大学でも本当に信頼できる友人と出会い
「すっごい少数派で浮いてますけど(笑)」といいながら
ありのままの自分を堂々と生きてる感じがしました。

大学4年の春、といえばいわゆる「就活」に追われる時期。
しかし。
「大学の中だけにいると、就職以外の道が全く無い感じがして変だと思った」と。

だから全然別のところにいる人に会ってみようと思って、と
私に声をかけてくれたんです。


いや〜〜〜・・・・・・・・すごい。
私がいま、同じように22だったら。
そんで周りが就活してたら、絶対その競争に巻き込まれてます。
私が就活しなかったのは、その時のクラスの空気を読んでしなかっただけです。
(担当教授が就活してる学生を不当にいじめてました・・・ナゾ・・・)

自分がいま居る小さな場所の、
そこだけで通用してるようなへんなルールにがっぷり飲まれて、
ついついその中で上位を目指してしまう若造でした。
その若造が、子どもとの時間を通して、いろんなこと考えるようになって
ようやく目が開いて来たとこなんです。

ぼーっと22まで過ごしちゃった後、社会に出てモノを考え始めた私と、
小学生から様々な矛盾と不条理を見つめてきた彼女。
話していて、精神年齢はほぼ変わらないのではと思ってしまいました。
この年でここまで気づけていたら、
後の人生はどう熟していくんでしょう。

楽しみです。
楽しみです。
そういえば今日はちょうど満月。
ものごとが成就する
ものごとがひとつの成就を迎える日。

今からまたひとり、こんなすてきな大人が
世にでるなんて、めでたい限りだ。



「就職しないと生きていけない」という暗黙の圧力。
それを払拭したくてここんとこ書きためていたこちらのシリーズ。
雇われない生き方①和太鼓職人
雇われない生き方②パン屋さん
雇われない生き方③トレーラーハウスでカフェ
雇われない生き方④米生産者
雇われない生き方⑤シフォンケーキやさん
雇われない生き方⑥木工職人
雇われない生き方⑦自然栽培の農家さん
雇われない生き方⑧古着屋さん
これはもちろん、雇われない生き方をするべきだ!というものではないんです。
就職するもよし、でもそうでない生き方もあるよ、という提案。

彼女はそれもちゃんとわかっていて、
仕事はご縁と学びの場だし、就活も無理せず自分らしくやりながら
大きな視野で卒業後を考えていこうとしています。
しばらくは変化とハプニングの連続かもしれない、でも彼女なら、楽しんで乗り越えてくれそうです。

数年後にまた記事にするかも。
就職しても、しなくても。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

No title

しっかりした卒業生ですね・・・。
私など、先生どころか子育てが一段落した50過ぎてやっと、周りが見えてきました・・・。
なんだかわけがわからないうちに、へらへら楽しく自分のやりたいように言いたいように過ごしてきてしまいました・・・。

就活も、わが子が来年・・・。と思うと・・・。
コマーシャルで、「就職は会社に勤めるのではなくて職に就く。」 と言っていて、「なるほど!」
と思いつつ。
わが子が「就活どうしよう・・・。」というと。
「やっぱり、企業に勤めたほうが、年金とか保険とか全部やってくれるし、言われたことをしてお金がもらえるなんてらくじゃない・・。」などと口走ってしまいます。

もう、大人なんだから自分で決めればいいじゃない!好きなことをしようよ!と内心では思っているのに・・・。
親心は、問題があるときは元気に過ごしていてくれれば・・。と思うのに、問題なく普通にしていてくれると、みんなと同じように普通にしてくれるのが安心と思ってしまいますよね。
まあ、何を言っても相手も大人で「くどくど、うるさいです。」
の一言で片づけられてしまいますが・・・。

先生が言っているように。
若い人には、もっともっといろんな世界がある!!ということだけは気が付いてほしいですね。

きっと先生の所でアートをやっていた子たちは、先生の楽しいアイデアいっぱいの創作活動をしていたから、自分で楽しい何かを見つけられると思いますよ!!

No title

はっ、そうだ、翌年はその世代の番ですね。

さよちゃんとこは就活やってもきっと苛められませんよ(笑)。

地方に引っ越してくると、お勤めの方とそうでない方の割合が
いい感じに混ぜこぜで、「どっちもアリだな」と自然に思えます。

独身で身軽な今のうちに、住んでみたかった場所でお仕事探すのもいいですよね!

「〜しないとダメ」という強迫観念からではなく
「〜してみたかった♪」てなかんじでワクワクしながら
羽ばたいていってほしいなあ(^^)
プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR