ぎっしりな雑誌

でました。


現代農業 2014年 12月号 [雑誌]現代農業 2014年 12月号 [雑誌]
(2014/11/05)
不明

商品詳細を見る


でましたよ。
ええ。

まさかのまさか、
わたし、載ってます。

のった1
手元に残った練習の子たち。
こういう絵で載ってます〜(^^)。



ウッドガスストーブ&ロケットストーブの特集の
最初数ページ描かせていただきました。
こんなにシロウトで初心者でもここまでできるよっていうページです。



その後に続く方々がすごいです・・・(°0°;)

一斗缶組み合わせてオーブンまでつくっちゃうとか。
炎の色が楽しめる、宇宙人みたいに可愛いストーブとか。



ほかにも

◯貯蔵・保存のワザ拝見
(貯蔵できてこそ自給は完成しますよねえ)

◯稲作農家おすすめ ご飯のおとも
(シソじゃなくてバジル使った油味噌とか、おいしそう)

◯中学生農家・土着菌ボカシ
(レベル高い文章に目眩が…机上ではない、現場の学問)

◯覆土のかわりにモミガラくん炭で発芽率アップ
(くん炭ならつくれる、うれしい〜〜)

◯アメリカ議会では見捨てられたTPP
(うん、農や食の話と切り離せませんよね)

・・・などなど。などなどなど。


ぎゅぎゅーっとぎっしりな雑誌です。

なにしろぜんぶ、どなたかの生活の必要から生まれて来た
実践済みのことばかりなんです。



雑誌の情報はあっというまに古くなるものも多いです。
でも「現代農業」は、昨年の12月号もまだ読み応えたっぷりで
もしこれが古くなるとしたら、そのときは
この記事を叩き台に自分で新しいメソッドを見つけた時、かもしれません。


いつも読んでるよ、というかたも
そんな雑誌しらない、というひとも。

これも何かのご縁ですから、一度どうか手にとって、ご覧ください(^^)!






スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

共感しました

現代農業を読みました!お名前で検索してココにたどり着きました。はじめまして。
私は都市農家の嫁になり、火を使う機会が増えました。
火の扱いは全くわからなかったけど、最近自信がつき始めたところ。

記事の中の
「火を焚くことが敬遠されることも多い時代です。でも、火が危険なのではなく、火を扱えない大人が増えることのほうが危険だと私は感じます。」

の言葉にすごく共感します。

No title

うわああああ すごい、はじめまして!
メッセージいただいて感激です〜〜〜(^^)

私は東京のはじっこのはじっこで
子どもの頃にいっぱいあったたんぼや畑が
みるみる減って行くのを見ながら育ちました。

食べ物がどう育つかを目にする機会がない、というのもまた
強烈に怖いことだと思います。

食べ物をつくる尊い仕事、リスペクトです。

メッセージ本当にありがとうございました!!
プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR