新美南吉『あかいろうそく』

『ごんぎつね』の作者、新美南吉さんの作品で
『あかいろうそく』というお話があります。

道に落ちてたあかいろうそくを、花火と思い込んだ動物たちが
皆で集まって、こわごわ火をつけるお話です。
短くて、あっけなくて、でもユーモラスであたたかい
だいすきなお話です。

これをいつか描きたいと思って
もう何年もアイドリング中です。
あかいろうそく・のぞきこむ
出て来る生き物は
サル シカ ウサギ イノシシ イタチ カメ キツネ タヌキ と
日本の里山の、おなじみの皆様ばかり。

とはいえ、取り組み始めたときは八王子ー韮崎往復時代でしたから
野性でみることはまず無くて
多摩動物園に通ったり 資料を見たりしながら
あかいろうそく・スケッチ1
手が覚えるまでいっぱい描きました。
あかいろうそく・スケッチ2
ノートに2冊ぐらい描きました。



あかいろうそく・びっくり
だんだん身についてきたものの


動物さんたちは描けても、
「場」が描けない。

のです。


新美南吉さんの作品の舞台にも行って来ました。
あの権現山をスケッチしてきました。
あかいろうそく・スケッチ風景
山と一口にいっても、少し地域がずれれば
生えてる木も違うし草も違う、と
ある編集者さんからアドバイスを受けまして

なるほど確かにそれはそうだと出かけてみて

あかいろうそく・スケッチろうそく
ついでに和蠟燭の取材もしてみて、
これまたおもしろい話が聞けたりして

でもでも
調べれば調べる程
敷居が高くなるというか

・・・ここで筆が止まってしまいました。

取材にいった権現山は、山と言うより丘でして
もうすっかり野生動物の気配はなく。
ここにあの動物たちを描き込むこと、
せっかく見て来たんだし、やればいいのに、どうも乗らない。

ちょうど移住やらなんやらで、まる2年。
気になるけれど、片付かない宿題のように、
ほったらかしです。


でも、もしかして、
そのうちするっと描けるかなと
最近思えるようになりまして

というのは、ここでは普通に、そこらじゅうに
キツネ シカ タヌキ キツネ などなどが見られるからです。
うちのきつね1
動物園で見る時や、写真の資料で見るように
凝視できるわけではありません。
「あっ!」とか言ってる間にどんどん遠ざかって行く、
そんな程度の「見る」なのですが

いのししくん
景色ごと、生き物を描けるようになってきました。


新見さんの育った、愛知県の風景ではないけれど。
例えば何度も通って権現山を再現するより
生き物の気配がちゃんと残ってる、
ここ八ヶ岳版で描きたいな。

これ描くまでは、うっかり死ねない。
いつかちゃんと、形にしたいです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR