亡命した子どもたちの絵

画材を送る支援を始めたきっかけになった、この絵本。

巻末に「こどもたちからのおねがい」とあって

”このえほんをいろいろなひとにみせてください。
そしてぼくたちのことをしらせてください”


とのメッセージが記されています。

そこで、ここに全ページアップさせていただこうと思います。

2009年12月23日 改訂第4刷発行
原画・ダラムサラのこどもたち
原案・YASOUMAN
画像データ提供元・ルンタ・プロジェクト


ちべほん2


ちべほん3

ちべほん4

ちべほん5

ちべほん6

ちべほん7

ちべほん8

ちべほん9

ちべほん10

ちべほん11

ちべほん12


わたしは、「中国はひどい国だ!」と言いたいわけではありません。

ひとつひとつの悲しい出来事は、国の名前を身に纏わされた、”虎の威を借る狐”の愚行。
「日本」だって、たとえばこの本でたまたま知ったのですが

私の遺言 (新潮文庫)私の遺言 (新潮文庫)
(2005/09/28)
佐藤 愛子

商品詳細を見る

アイヌの人たちにとんでもないこと、してきたのです。

誰かを踏み台にすることで
冨を得られる 地位が得られる 
そういう愚かな幻想はすでに
とっくに済んだ前時代の学び。

三宅洋平さんの言葉をかりまして

「”もう時代は変わりましたよ”、と
気づいた人からそっと伝えて行く」


みんなふつうに分かち合って共存して
仲良く暮らせちゃうんだよって(^^)

なぜダライ・ラマは重要なのかなぜダライ・ラマは重要なのか
(2008/12/19)
ロバート・サーマン

商品詳細を見る

これだけの状況におかれながらも
笑顔と楽観を手放さない、生き仏ダライラマ氏の笑顔に倣って

誰かを笑顔にすると
自分も楽しい(^^)

そういう感じを、
今日も身の回りに拡げていきたいなと

チベットのことを知ってから、
より強く思うようになりました。


埋蔵クレパス発掘プロジェクト、これにて一区切り。
みなさんのご家庭から旅立った画材たちが、
ダラムサラの子どもの手のなかで
楽しい時間を作ってくれますように!




こちら良かったらご覧ください(^^)↓
ダラムサラから届いた楽しい絵






スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)

出張図工屋、ときどき絵描き。
さまざまな「手のこと」をみなさんとシェアしながら
暮らすこと、生きることの知恵を
取り戻す活動をしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
の2カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR