草木のちから

やしゃすと6
山の恵み、やしゃぶしの実で染めた

やしゃすと5
ヘンプコットン手ぬぐい生地。
冬、薪ストーブにかけっぱなしで
ぐつぐつ煮ました。


大阪は泉州の、昔ながらのシャトル織り機で
ゆっくり織り立てられた手ぬぐい生地。
通常の高速織り機に比べ、数倍の時間をかけて織るため
空気をふくみ、柔らかく味わいある表情になるそうです。


そこへさらに、山の恵み。
煮出すときの薪もまた、近隣の山からいただいたもの。


やしゃぶしがたくさん手に入ったから、と
思いつきで染めたにすぎないのですが
やしゃすと7
これをストールにしたらいいよ、と
マルシェ出店仲間、皮小物作家のtukuru(ツクル)さんが教えてくれました。

やしゃすと1
てぬぐいの2倍の長さがちょうどよく

やしゃすと2
端を長めにほつらせて
今、まいにち、tukuruさんの首元に居ます。

ヘンプにはUVカット効果もあるので、
そういえばストール向きです。

切らずにとっておいた生地をストールに仕立てると、
ひとまず限定4本。



今日、「この人につかってほしいなあ」という
知人がふらりと寄ってくれて、
やはり彼女の目にとまり、
連れ帰ってもらえました(^^)。

その方は、化学物質過敏症。
触れただけで、化学繊維が入っているかどうかがわかってしまう
とても繊細な方です。

薪ストーブにかけっぱなしで染めたのは
単にラクだったから、なのですが
直火で染めたのも、その方にはわかるとのことで
おどろきました(°0°)。




やしゃすと0
桜が、新緑が、吹き出すように山を彩っています。
八ヶ岳、めざめの春です。

この山の恵みをいただいた布。
とても堅牢に染まったのは
やしゃぶしの力か、薪の火の力か。

また実を集めて、火で、染めます。
自分にも1本、つくろうかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR