バナナの紙に

明日のこどもアートぐるぐるへび@こぶちざわ教室は
バナナの紙に絵を描きます。

タイで見つけた、バナナの繊維のワイルドな紙。

バナナって、紙に限らず、いろーーーんなものに利用できるんだそうで
そのことに感激した勢いで、教室の仲間にそれを伝えたくて、
ざっっっくりした絵本を作りました。もう10年くらいまえになります。


ばな1
題しまして、「ぜんぶバナナ」。

ばな2
バナナの大好きなおさるの王様が主人公。
大切に大切にバナナを育てているのですが

ばな3
ある日、大嵐がやってきて、
バナナの木がぽっきり倒れてしまいます。

ばな4
嘆き悲しむ王様、
これをどうにかもとどおりにできないかと言うのですが

ばな5
元通りにはできないけれど、
落ちた実や花はおいしく料理できますよ、という人がでてきて

ばな6
揚げたり、焼いたり、様々な方法で

ばな7
お食事からデザート、お酒まで作って
王様をびっくりさせます

ばな8
葉っぱや茎も使えますよ、という人もでてきて

ばな9
お皿、コップ、料理を包むものなど、
きれいに使い切ってみせます

ばな10
残った太い幹の部分、
ここも使えますよという人がでてきて

ばな11
繊維をほぐして、
紙にします

ばな12
ぜんぶぜんぶ使えるね、ということで
嵐で折れたバナナが次々と運び込まれ

ばな13
バナナを使った大宴会!

ばな14
すっかり気をとりなおした王様は

後日、バナナを植えなおそうと
苗をかかえて庭に出てみて
またびっくり、大喜び!

ばな15
折れたバナナの根元から、すうっと新しい芽がのびていたんです・・・

ばな16
・・・という、ざっくりしたお話(^^)。

日本でいうと、竹とか、大麻とかがそれにあたるのでしょうか、
どの地域にも「よくその土地に育ち、余すとこなく利用される植物」って
あるんでしょうね。

バナナ、すごいです。
どこまでも使い倒す人の知恵も、すごいです。

ばなえ
そんな絵本を導入に、
明日はこの紙で、絵を描きます。
おとなも、こどもも、おいでませ(^^)

ご予約はこちらから→080−6557−7807  yuko.t.521@ezweb.ne.jp





スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)

出張図工屋、ときどき絵描き。
さまざまな「手のこと」をみなさんとシェアしながら
暮らすこと、生きることの知恵を
取り戻す活動をしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
の2カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR