はんぶん神さまにゆだねる

紙版画を始めたのは、
こどもの図工の仕事を始めて
しばらくたってから。

ムサビで版画専攻した折に
ひととおりの版種は教わるわけですが
紙版画は、盲点といいますか
幼いこどものメニューだという思い込みがありました。

はさみとのりで簡単にできて、
でも版がヤワくて不安定。
でもでもでも!
こどもたちの作品みてるとすごくいいので、
やりたくなって。


ふたご
ぼちぼち、自分でもやりはじめた20代の終わり頃。
そのころの作品のなかで、一番すきだったこれを
このたび「八ヶ岳の仲間たち」のポストカードシリーズに加えました。
シカ、リス、サル、イノシシ…そして、
「ひと」だって、なかまさ〜、ってことで。






きのう、マルシェで。

立ち寄ってくださった車いすの女性と
版画の話になりました。


版画は、最後の最後は、
「はんぶん神さまにゆだねる」感じがあります。
刷ってみないと、わからないから。
そこがいいなって思うんです。

なんでも自分でコントロールできちゃうのも時に困りもの、
器用にバランスとりすぎたり、整えすぎたり、
よく見せたいというおとなの欲が作品を窮屈にすることも。
こどもの仕事のように、無欲でのびやかなのが、いいなーって思うんですけど、ねえ。

版画は、その、”コントロールを手放す”のに
ちょうどよくておもしろい・・・なんて話を、しましたところ。


車いすのその方はちょうど、
ちぎり絵などを始めたところで
”以前のように動かない自分の体”と
向き合いながらの制作をされているとのこと、
「はんぶん神さまにゆだねる楽しさ」の件で
うんうんとニコニコうなずいてくださいました。


はんぶんは、自分の意志で。
そしてはんぶんは、神様といっしょに。
なげやりなんじゃなくて、執着を手放す感じで。
子どもみたいに、力をぬいて。
謙虚になりつつ、無敵になる感じ、なんでしょうね、なんたって、神さまといっしょですからね。



絵を描く時間が瞑想のようだと
先日の夜の図工で
おとなのみなさんと話題になりましたが。

そうなのかも。

版画に限らず、どの制作も。

かみさまと、いっしょ(^^)。









スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)

出張図工屋、ときどき絵描き。
さまざまな「手のこと」をみなさんとシェアしながら
暮らすこと、生きることの知恵を
取り戻す活動をしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
の2カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR