布を継ぐ

連休に、古布の再生をしました。
祖母の家から母が救出してきた、
一見「ジーンズ生地?」と思うほどしっかりしたものです。


ぐっときちゃうのは、
こういうとこ。



布を継ぐ・つぎ

裏から丁寧にツギがあたっています。
誰の縫い目かなあ。
おばあちゃんかなあ。
おばあちゃんのお母さんかなあ。

布を継ぐ・おもて
今回の布は一見とても丈夫で
あまり手当てがいらない感じなのですが

布を継ぐ・うら

綿入れか何かをほどいたものらしく、
裏には縫い目につまったワタワタがいっぱい。
きれいに掃除したところ、
模様がこんなに美しく見えてきました。
こっちが表でもいいなああ(^^)。

布を継ぐ・つながる

はぎれの大小を組み合わせ、一枚の布にしていきます。

布を継ぐ・光が透ける

光に透かすと、ああやっぱり、
このままつかうには心配な感じ。
裏地、つけませう。
安心な感じに、仕立てませう。





手間も時間もかかる布仕事。

これにたっぷり時間を割く贅沢。

やることいっぱい、気になりながらも
・・・だって今やらないとまた
平気で60年とか70年とか
放置されちゃうかも、だからね〜
とかなんとか自分に言い訳しながら。

どっぷり1日布遊び、堪能しました。ふひー。
(で、まだ、終わってない・・・)


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)

出張図工屋、ときどき絵描き。
さまざまな「手のこと」をみなさんとシェアしながら
暮らすこと、生きることの知恵を
取り戻す活動をしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
の2カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR