身近な顔料・黒鉛

「顔料」と聞くと、
日本画とか描く人が使う、
高価な色の粉だと思っていました。
ニカワとかを溶かして混ぜて・・・と
扱いも難しいやつだ、と思っていました。

たしかに、そういうのもあるんですけど。
身近で、しかもかっこいーやつが、あるんですよ(^^)。

こくえん・こな

じゃん。
「黒鉛」です。

キラキララメの黒いやつ、という感じで
袋を触っただけで空中に何かキラキラが舞い飛びます・・・(^^;)

こやつ、あれですよ、鉛筆の芯のモト
えんぴつ削ったら出て来る、あの黒い粉です!


これをね、紙に定着させるにあたり、
ニカワとかでもいいんでしょうけど、
コドモ用の糊で充分なのでして。

糊と水とで練り練り、練り練り、
えんぴつ絵の具と名付けて、よく子どもたちと遊びました。

描くと、こんな感じ。

2・しか

薄墨みたいで、キラキラして。

2・き

どう描いても濃淡が美しく。
だって、水と顔料の自然現象ですもの、ねえ。
美しいに決まっているのです。

来週の夜の図工はこれです。

2・すこや

おすすめのモチーフに「木」を提案していますけど
なんでもいいのですよ。
で、何枚でもいいですし(^^)b.

顔料というものに、出会ってみてほしいのです。
絵の具や、クレパスや、いろんな色材の、モトのモト。
描きたい、色をつけたい、それを保存したい・・・という先人たちの
思いと工夫の結晶、それが、顔料&糊になるものetc.etc.なのでして
自分で粉から練り練りすること、ちょっと体験して、
ああ、絵に残すって、こうやるんだ、って
やってみましょう(^^)。


私は油絵の画学生だったのと、あまり凝り性でなかったのとで、
絵の具はいつもチューブの完成品ばかり。
それなのにどうしてこの顔料に出会ったのかというと。
そのことを思い出す作品が、
昨日(!)たまたまうちにきました。
両親があそびに来て、実家に残ってた荷物を運んでくれた、その中に・・・

こくえん・がらす

受験生時代の、デッサン、きたー(;_;)

こくえん・せっこう

微かな調子をのせる時などに、
この顔料があると便利で。
ヨビコウで教わって、それで出会ったのです。


2月のまんなか、ちょうど今ぐらい。
ムサビタマビ、受験、今頃ですよね。

ほんとうはね。
受かっても受からなくても
ただの
ひとつの
ご縁なのだから。

そして、
今極限にまで高まっている
画力(と思っているもの)も
ツールのひとつにすぎないのだから。

試験も、その過程も結果も、
自分をジャッジするにはあまりに
偏った物差しなのだから。

ぜんぶぜんぶ、楽しんで(^^)。
ぜんぶぜんぶ、自分のためのギフトですから。
受験、進学、それもまたよし。
そうじゃないのも、実は、すごくいい、かも。
自分の人生、人のモノサシに預けるのはやめにして。
取り戻しましょう。
はじめましょう。
今日までの自分と、明日からの自分に、エールを(^0^)!





スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

ほんとに

あのころはそれが何よりの一大事だったけど、
今ふり返れば通過点の一つ、だね。

受験生時代のデッサン、
ピーンとはりつめた何かを放っているように感じたよ。


No title

自分が心から欲しい技術なら、そのための努力も健全なのだけど。

ただ要求されるから応えていく、その危険なことといったら、
もしかして2度と筆をとれなくなるほど、自身を枯渇させるです。

私は、子どもと過ごす仕事にたまたま導かれて、どうにか回復しました。
ほんとにほんとに幸運だったけど
卒業後描かなくなってる美大生は山ほど居る。

ピーンと張りつめた何か。
「がんばってる」「前進してる」気がして
誰もがそこにツッコんでいく、受験時代。
人の物差しに応えるだけ、そのことだけが評価される危険。

一番やばい私を知ってるもんたま妻さま、
その後の回復ぶりも全部見ていてくれて、
そんな友人に恵まれるとは貴重なことです。

ありがたう、ありがたう(^0^)




プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR