まぶしい黄色

みどりの次は黄色の話。

ヘンプコットン生地に植物の色をのせる試み、
今回はタマネギの皮で挑戦しましたところ・・・

たまいろ1

思ったより鮮やかな黄色をいただくことが、できました。


タマネギの皮は、ずっと前にも試したことがあるのですが
こんなに強い色が出たのは初めてです。



やったああ(^0^)
うれしいなあああ(^0^)



いろんな染めを経て
それなりにウデが上がったのかなあ。

それとも、このあたりの農家さんの、タマネギへの愛かなあ。

あとあと、薪ストーブの炎の力も、あるかなあ・・・

たまいろ火


この布の色を見てすぐ思い出したのが

たまいろ4

かつてお世話になった、
私の先生たち。

たまいろ・せんせい

いきなりのタイ生活で途方に暮れかかっていたところ、
不思議ななりゆきでお寺に通う事になりまして。
毎日、この黄色に囲まれて過ごしました。

たまいろ3

南国の太陽のような強く明るい黄色、
身につけるとどんな気分でしょうねえ。
私は毎日、見ているだけでも、ぱっと気持ちが明るくなりました。


たまいろ・なべ
コツコツためたタマネギの皮と
水と
焚き火の熱が
ゆっくり数日かけて染めあげた
まぶしい黄色。


春がきて、マルシェに出かけるようになったら
手描きのものに添えて、連れていきます。

てぬぐい3本。
バンダナ8枚。

誰のところに行くかなあ(^^)。





ところで。

染めに加え、また新たに挑戦してみたいことができました。

「績む」「織る」といった
布づくりそのものを、身につけてみようかと。

昔はあたりまえにみんなやっていたことだから、
誰でもできるんだよ〜と
彦星ファームの美穂子さんが
楽しく楽しく誘ってくださったので

行っちゃうことにしました。
糸紡ぎ~機織りまで「しずり棚機会」のお知らせ

「服用」という言葉にあるように
身につけるものの影響は
どうかすると薬をのむことぐらいに
重大なのだとか。

ここ数年ほんとうにその効果を感じるようになり
素材

つくった人のこと
などなど
布の背後にあるものが

気になります。


私はあとどのくらい
この世にいるうちに
服をそろえるんだろう。

どれだけの布に包まれるのだろう。

その布は、どんな布だろう。

たのしい
とか
うれしい
とかが
宿った布が
いいなあ(^^)。









スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR