私はうつわ、からっぽのうつわ

先日、びっくりなことを目の当たりにしました。

会えばかならず、悪態ばかりついていた4歳の男の子。

絵や工作を始める前にはかならず
「つまんなーい」「やりたくなーい」と水をさし。

けっこういい感じにできていても自らぐちゃっと壊してしまい。

誰彼かまわず、毒を吐きまくっていたのですが。

・・・4歳だもんね、そういう時期なのかもね(^^)なーんて
3度目の図工の時間には、
むしろその可愛い毒舌を楽しみに会いに行ったのですが。



体に溜まってた毒を、病院で出して来たんですって。
いらない金属を、デトックスしてきたんですって。


そしたらアトピーがとっても軽くなって
絵や工作も落ち着いてじっくり何枚も「たのしい」とか言って取り組んじゃって

私たちはうつわ

もう描くとこがなくなるまで
じっくりじっくり何枚も
筆を走らせるのですよ。
おちついて、ひとつひとつを味わって。
一度も投げやりになることなく。


さらには、向かいに座っていた女の子に喧嘩を売られた時。

「もう〇〇くんはあそぼうってさそわないの。
たのしいことはぜったい教えてあげないの。」

・・・突如はじまる、子ども同士ではよくある
イジワルな言葉のちょっかい。
前回までならここで負けじとイジワル合戦になるのですが

彼、涼しい顔で落ち着いて

「ぼくの家には、◯◯ちゃん、あそびにきていいよ。
いっしょにあそぶよ。」

いじわるをふっかけた彼女、
一瞬かたまったのちに

「・・・じゃあいいよ、いっしょにあそぼ(^^)」

ですって(°0°;)。
うわあ、喧嘩にならない。
キリストですか、釈迦ですか。




フリや演技をするには若過ぎる2歳児ゆえ。
ほんとうのほんとうに、吐く毒、無くなっちゃった様子


この一件を目の当たりにして
こうして文字に整理するまで
ちょっと時間がかかってしまいました。

保育の現場で散々みんな手を尽くす、
言葉がけやら接し方の工夫、
そういうの、ムダとはいいませんけど、
こりゃもうばびゅーーーーーんと
飛び越えてしまうからです。



なんだ。
そうか。
体にいらないものが入ってただけなのか

じゃあもしかして、自分がギスギスいじわるだったり
あるいはクヨクヨしすぎだったりと
他人や自分自身かを攻撃してしまうとき。

「どうして私ってこうなんだろう、しょぼん」とか思わないでいいのかも。
ただ毒が溜まってるだけ、出せばいい!のかも。

たのしいうまさん

わたしたちはただの「うつわ」で

食べもの 
飲む水 
吸いこむ大気
見るもの 
嗅ぐもの
・・・などなどからなる 

この世界の自然物のひとつ。
ただそれだけ。
なのかもしれない。

そう思いました。

でもまだびっくりしています。
腑に落ちるまでもう少し
かかりそうな気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR