とどこおらないように

昨年秋から、私は自分に
月に一度しっかり体をメンテナンスすることを許しました。

きっかけは、庭の石しごとで傷めた右ひじが
何ヶ月も良くならないのが不便で
友人・大山和美氏の腕を頼ったところ
(過去記事・ちゃきちゃきな姉御・和美氏の生業♪→タイ古式マッサージ ITAL(アイタル)

右ひじもさることながら
体中が滞りだらけで(;_;)
ちょっと押すだけで悲鳴がでるような
ゴロゴロの何かでいっぱいだったことが判明しまして(;_;)

右ひじ以外は全然不調を感じていなかったのですが(;_;)

自分の滞りをまっっったく感じないくらいに鈍くなっていることが
よーく、よーーーーーーくわかったのです(;_;)。


とどこおらないように1

和美氏の施術は具体的。
「ほら、これわかる?」とゴロゴロを指し示してくれて
辛抱強くそれをほぐし、するとあら不思議、
「てっきりそれ骨だとおもった」というくらいのゴロゴロが
すっと消えてしまいます。

毎月とても丁寧に、長年のとどこおりを解放していただいてるおかげで
危うかった腰まわりにもようやく指が入るようになり
「ちゃんと動くからだ」を取り戻しつつあります。

きのうまた、ひと月ぶりにメンテナンスをお願いしてきました。
順調に回復していたのが、久々にまたガチガチになっていたけれど
これまでの積み重ねは確実に効いていました。

押せる。
指、入る。
ゴロゴロはそのうちちゃんと消える。

あちこち通行止めだった体、
このままほっといたら、大きな病気をしただろうなあと思わずにはいられません。
病院のお世話になるより、こっちがいいもーん(^^)。
和美氏に会う時間が、いいもーん(^^)。





とどこおりを無くす、ということについて。
ついこの間また別の方から大事なことを教わりました。


自然農のほのぼの農園 佐藤さんとこに、今週のお野菜を取りにいったときのこと。

自然農ってね、単に無肥料無農薬で栽培するってことじゃないんだよ、と。

その土地の循環を良くすることに目を向けないと
必ず行き詰まるのだ、と。

広くコンクリートで固めた農道や住宅の周辺はどうしても山の水が滞り、
樹木の立ち枯れ、土砂の流出など、不健康なことが次々起きる、それはつまり
人の体でも、詰まってる場所があったら、具合悪くなるよね」って。

今自分が、自分の滞りと向き合っているときだっただけに
そのことば、ストンと胸に落ちました。


昔ながらの石垣、石畳。
水の流れを遮らないから、とっても良いのだそうで。

とどこおらないように2

もともとはこの石仕事が、私を和美氏のところへ連れてってくれたのですけど(^^;)。
合間から草が生えたり、トカゲが出入りしたりする石の道。
大地を窒息させないもの、だったらしい。

いまここにあるものを生かしただけ、だったんだけど。

石のたくさん出る土地の方、
これはたからものですよ。

縁あって授かった自分の肉体。
縁あって身をおいている、今の土地。
どちらも、とどこおらないように。
ここちよく巡り巡る場所に、なりますように。






スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)

出張図工屋、ときどき絵描き。
さまざまな「手のこと」をみなさんとシェアしながら
暮らすこと、生きることの知恵を
取り戻す活動をしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
の2カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR