小枝のビー玉迷路・まあるい学校にて

今日はまあるい学校で図工の時間。

まる6・なきやんで

小枝で、ビー玉迷路をつくりました。

まる6・絵のような

わりばしとかじゃなくて、枝を使うことで

まる6・じょしたち

絵のような美しさになっちゃうのです、自然に。

まる6・おばけちゃん

気負いの無いドローイング、

まる6・けいさつ

たまらないですねえ。
けいさつ、なのね(^^)。

まる6・橋のような

あ、カヌーみたいな、きれいなのがある。

まる6・ゲート

おっと、門が立ち上がってる。

まる6・ゴールゲート

ゴールの旗が、立っている(^0^)。

まる6・あそぶ

ビー玉のコロコロ転がる音も楽しいこの迷路、
できるとやってみたくなるし、
「やる?ねえやる?」って
人にもやってほしくなる。

たくさん遊んでね。
ただ飾ってても、きれいですよ(^^)。


まる6・やぎ校長


ところで

今日はめずらしいことがありました。

いつもは温厚な、ものづくりの大好きな男の子の
つくりかけの迷路が途中で崩れてしまいまして。
通りがかりの人がちょっと引っ掛けてしまったのです。
そりゃあ、残念な事故ですが、すぐ立ち直って
楽しくつくりはじめるかと思いきや。

怒り悲しみ嘆くこと、エンドレス。
もうどうしても心が納まらない様子で
長く長く、グズグズに、怒り、悲しみ、ぐずって、ゴロゴロ・・・・

さて、そこでですよ。
ここなんですよ。

この辛い、重い何かが、なかなか過ぎ去らない事を
ここでは、誰のせいにもしないのです。

まずね、まちがっても、親御さんのせいじゃない。
「すみません、うちの子ったら、ほんとお騒がせして・・・」
とかじゃ、ない。

そして、指導者の力不足ってことでもない。
「申し訳ありません、私がもう少し上手に言葉がけできたら・・・」
とかじゃ、ない。

さらには、本人のせいでもない。
だって、こないだみたいなこと、あるんだもの。
「どうして僕ってこうなんだろう」
とかいって自分を責めることすらも、もしかして見当はずれ、なのだから。

グズり続ける彼に、みんなは言葉や態度で、助け舟を出し続けます。
もしかしてこれで楽にならないかな、と。
言葉も好意もなかなか届かなくて、それでも
「そういうこともあるねえ」ってそのまんま。
みんなただそうやって
いっしょにいる。
自分のこと、しながら。

ずいぶん長い時間をかけて、ひとりで、心を建て直した、彼。
ようやくおちついて座り直し
自分がいいと思うものを
じっくり作っていました。

ああよかったとも、もちろん思うけれど。
あのままもう全然無理!でも、それはそれ、あるべき成り行き。

あるがまま、あるがまま。

ぐだぐだでも、うまくいっても、
あなたはあなた(^^)。

ジャッジしあうことを手放す、って
こういう感じなのですね。



まあるい学校、次回の図工は7月25日月曜日です。
その日そのとき、誰がゴキゲンでも、フキゲンでも。
そこにみなさんがどう向き合うか、そのひとつひとつ、
私にとってはまるで、うれしい答え合わせ。

そうなんです、かみさま。

こういうかんじが、いいの(^^)。






スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR