績んで(うんで)紡いだ、初めての大麻糸

今日はヘンプコットンのてぬぐいがたくさん旅立ちました。

ヘンプを知らない方には、軽くご紹介させていただくのですが
◯祖母の時代にはごくありふれたもので、
◯衣食住さまざまな場面で使える農作物で、
◯人にはもちろん環境にも良い、
「竹」ぐらい汎用性の高い繊維、それがヘンプ・・・大麻

ぎょえっ、大麻!と思いますよね。
私だって、ニュースで「大麻取締法違反で…」みたいな報道を介してしか
その言葉を耳にしたこと、なかったのですから。

でもでも、日本中でふつうに問題なく何百年も(何千年も?)栽培していた事を知ると
そう危険なものではない気がします。

大麻は、オーガニックどころか、そもそも農薬が要らないという逞しい作物。

知らなかったんですけど、祖母の実家・鹿沼では、今も大麻栽培が行われていて
そのおかげで私は春から、そのカヌマの大麻で麻績み(おうみ)を学ぶことができています。

で、実はゆうべ。
翌日のマルシェに備えてさっさと休めばいいものを。
初おうみ1

じゃーん。
初めての麻糸。
ここ数日、糸車と格闘してまして、
ようやく、できました!

初おうみ2

荒いけど。
だいぶワイルドですけど(^^;)。

あおりゅう・ぎゃっこう2

いつものヘンプ生地みたいな繊細な糸づくりをするには
まだまだ修行が要るけれど。

初おうみ5

4ヶ月かかってようやくここまで、できましたあ(^0^)。


昔は小学生でもできたという
このあたりまえの営みは、
今もうほとんどやる人がいないので。

糸車などの道具もまた
なかなか出会えず、出会えても
大麻用にする為にはけっこう改造が必要でした。

初おうみ3

これが私の糸車。
長野県朝日村の方から一か八かで購入した
綿・毛糸用の壁掛けチャルカを、
自作の台に取り付けて。

初おうみ4

紡錘(つむ)の部分は特に試行錯誤しました。
あっち叩いて、こっち削って・・・

初おうみ6

ちなみに先生のはこういう形。かっこいいですねえ。
(もし廃棄する糸車がありましたら、直して使いますので、どうかご一報を!!)

亡き祖母がよく口にしていた実家の地名。
カヌマ、カヌマと言うときの、栃木なまりのやわらかい音が
記憶に、耳に残っています。
その土地とまたつながりができるなんて。おばあちゃん、不思議ですよー。


大麻は一度使ってみると、その快適さにリピートしたくなる繊維でして
世界中でその良さが見直され、栽培もどんどん始まっています。

麻の農文化が途絶える前に、
みたことある、やったことある人が生きているうちに(←これ超重要!)。
山梨でも栽培再開しないかなあ(^^)。



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR