ものがたりを味わう力

「てがきやぐるぐるへび」で出店するときには
かつて描いた絵本を4冊、
「じゆうにみてね」と置いています。

小さなお客さんがやってきては
開いて、見て、読んでいってくれるのが
たいへんうれしいです。
だってもう絶版なので、こういう場所でないと、
ひとの目にふれないのだから。


今日はそこに可愛らしい小1の女の子がやってきて
「”ごんぎつね”、よんだことあるよ(^^)」と言いながら
中を読むより先に、
こまかーーーーいエピソードを的確に語ってくれまして。

・・・それはまるで、さっき読んだばかりのようで(°0°;)。

ご両親に、「いまの、そのとおりですよ」と
ページを繰って挿絵で答え合わせするいきおいで。
おとな3人、ただただびっくり。

◯ごんが贈り物をするようになったわけ。
◯最初は魚、でもすぐ山の幸に変わったわけ。
◯衝撃のラスト。
・・・などなど。
ご両親も「国語でやったはずだけど、忘れてた!」ということばかり。


もう一冊、アンデルセンの「すずのへいたい」についても。
どうして兵隊さんがバレリーナに恋したのかなんて、
挿絵まで描いておきながら、私はすっかり忘れてましたよ。


どちらも名作、物語そのものに力があることは間違いないのですが。
ちいさな彼女の、
受け取り、味わう深さがすごい(°0°)b。


ものがたりをたべる

きっと、本に限らず、

目に映るもの
耳にするもの
日々のできごと
そのことをめぐって沸き起こる気持ち

ぜんぶぜんぶ
ふかくふかーく
味わっているんだろう、なあ。


かれんちゃん、たのしかったです、ありがとう。
あのね、写真、いい顔に撮れなかったのー(;_;)
目つぶっちゃってたのーーー(;_;)
というわけで、顔出しOKの許可いただいたけど、この画像。

まぶしい笑顔と明るい言霊たちは、
ちゃんと私の心の中に。
ありがとう、ありがとう(^0^)。



1冊だけ、ネット上で発見。
古本で「すずのへいたい」
4倍のお値段になっちゃってますが・・・絶賛絶版中だからなあ・・・むむう・・・


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)

出張図工屋、ときどき絵描き。
さまざまな「手のこと」をみなさんとシェアしながら
暮らすこと、生きることの知恵を
取り戻す活動をしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
の2カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR