半世紀前の柳行李

昨日のキモノの記事が
思いがけず反響大で
たいへんうれしかったです。
キモノすきなひと、つながりあうといいなあ(^^)。


キモノを探しにいった古物市で
先日、柳行李を手に入れました。

状態はかなり良いのですが、
蔵から出しっ放し、煤けたままだからということで
まさかの2500円(°0°;)!


さっそくシャワーできれいに洗いまして

やなぎこおり・縫う

今、カドに当て布をしています。

これからじゃんじゃん使うから。
安心して使い倒したいから。
えいえいと、柳のスキマに針を打ち付け、縫っています。




やなぎこおり・いと

柳を縫い止めているのは、何かの草の繊維のようです。
こないだカゴ編みで教わった、赤苧(アカソ)かなあ。
苧麻(からむし)かなあ。



やなぎこおり・竹

ヘリは竹。
まだまだがっちり。
多少ハゲてても、
美しさは損なわれず、です。




中に入っていた新聞には
約50年前の日付が。

つまりこの

竹だの
草の糸だの
柳だのは

半世紀前のある時期に
すぱーーーーっと育って、
刈られて、
編まれて。

いまだにしっかり、どっしり、カゴなのだと思うと。


今年の草木が、化石燃料…石油とかになるまで待たなくても。
いや、ありがたいですけど、ガソリン、灯油、石油製品、
ありがたい限りなんですけど。

プラスチックの衣装ケースは、
劣化して割れても、もう買い足さないことにしよう。

そんなことを思いながら
ふっとい針とふっっとい糸とで
愛しいカゴのカドを守る
麻の布を縫い付け中。
えいえい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR