繕いものにレース

レースは捨てないでおくといいよ、
服とか処分するとき、レースだけ外しておくといいよ、と森のレース屋さんに教わりました。

レースは、好きなところでカットできて、
そのまま使えますから

繕う・パッチワーク

繕いものにぴったり。


繕う・レースたち0

レース屋・もんくさんの楽しい端切れレース一袋、着物の補修に大活躍中です。
うむ、この色この形、ばっちりですねえ、合いますねえ。

繕う・袖口
こういう、袖のひらくとこなど、どうしても裂けやすい場所は
古い着物の場合は特に、生地からして弱っているので

繕う・袖口2

レースで、面でがっちり支えてもらうのが、安心(^^)b。

繕う・ちょうちょ

どこで切ってもいいから、大きなモチーフをカットして
蝶々にしてみましたよ。
袖口の目立つ穴が、たのしいものになりました(^0^)。

繕う・スカートにも

薪ストーブで焦がしたダウンスカートの裾も、レースで。

繕う・コースター

ひっぱると崩れるくらいの、弱り切った蚊帳生地にも。
縫い付けた部分のがっしり感、安心します。

きものみち・修理2


刺し子や刺繍はそもそも、
布の補強や補修からはじまったのだとか。

たしかに、
ちくちく補修していると、針目の積み重ねをみていると。
絵を描くような気持ちになってきます。



レースは、切って使える楽しい刺繍。

これは捨てないでとっておくやつですよ(^^)。
年末の断捨離でも、切り取って確保、ですよー(^0^)/。





スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)

出張図工屋、ときどき絵描き。
さまざまな「手のこと」をみなさんとシェアしながら
暮らすこと、生きることの知恵を
取り戻す活動をしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
の2カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR