桃の色をいただく

大下さんに頂いた桃の枝を、さっそく煮出して染液をつくりました。

しるくもも・もももも

ぐつぐつ煮ると、桃の香りがします(°0°)
びっくりするほど桃です。
うわあ。

しるくもも・あらった糸

そしてそして、頂いた糸をさっと水洗い。
かたーくしぼって、外でぶんぶん。
雪の日はずっと薪ストーブを焚いてるので、
染めの仕事にはうってつけ。

しるくもも・つけます

浸けますよ〜。
いい湯かな〜。
しばらくあったまっててねえ(^^)。


シルクもも・せいけいちう

その間に、せっせと整経。
綿のいとなみ「わわわのわ」さんにて、今度いよいよ織ることになりまして(^0^)
今回は初心者に優しい市販の糸で整経しますけど、

いつかいつか、大下さんの糸をタテに張りたいなあ。
今染めてる糸を、布にしたいなあ。



まだトーキョーにいたころ、実家でひいおばあちゃんの織った布に出会ったとき。
「織った、ですって!(°0°;)」とめっちゃ驚いた、あの日から数年。
暮らしの中に自作の布があるなんて、すごいなあああと思っていたら。

自分も織りに導かれてしまいました(^^;)。
おばあちゃんのおかあさん、裕子も織りますよ。
あんなにすごい布は無理かもだけど、とにかく織ります、よーー(^0^)。


さて。

だいぶ漬けたぞ。

どうなった、どうなった。

しるくもも・もものきいろ

おおお。
話にはきいていたけど

絹、強く色が出ます!


左から
◯絹糸
◯大下製糸場オリジナル、絹×綿の糸
◯ヘンプコットンてぬぐい

・・・ヘンプコットンてぬぐいでは、何度も何度もつけて、
どうにか色をつけていたのですが。
絹は一発でこの鮮やかさ。

これはたのしい(^0^)♪
絹、たのしーーい(^0^)♪♪


媒染して、良く乾かして。

しるくもも・染め上がり

翌朝。
わあい。
できた(^0^)!

しるくもも・ももいろ

右が、ミョウバンで、黄色。


どうしても、大下師匠(ともう勝手に脳内で呼んでいる)の桃色がほしかったので
媒染もいろいろ試したけど、うまく赤味がでなかったので

ベンガラの染料に助けてもらったのが、左の色。


うわあい。
シルクってきれいだなあ。
ぴかぴかだなあ。
上手に、糸にしなくちゃなあ。

しるくもも・糸車

大下師匠からいただいた、ワイヤーのカセを
おばあちゃんちからきた台にセットして。
いろんな方に手伝ってもらって、古道具がクルクルと蘇り。
絶妙なタイミングで、みんなに後押しされながら
糸の仕事が進んでいます。

なんだろう、ミラクルの連続に
驚くヒマがもうありません。

しるくもも・ふゆごもり

冬ごもりの、いまのうち。
春には春の仕事が、来るから。

どこまでできるかな。













スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

最近の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

2015年4月より1年間限定で
小淵沢駅からすぐの小さなお部屋にて
毎週金曜「こどもアート・ぐるぐるへび」を開講します。

その他、出前アート教室をあちこちで開催中。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR