絹のとろみを指で知る

麻仕事と平行して、と言うより実は
ここんとこずっと、ほとんどの空き時間を費やしてしまっているのが

とろきぬ・絹たち

こちら、絹糸のみなさま。
これを巻き取ることに、
2ヶ月以上かかってしまっています(^^;)。

大下さんから託していただいた絹糸たち
撚りがかかっていない状態でして

とろきぬ・糸拡大2

”撚りがかかってない”とはいかなる状態なのか、
染めの作業を終えたあと、
ぱっと見では「このままでもつかえそう」などと思って

とろきぬ・織り布

ヨコ糸として、前回すこし織ってみました。
なんとか、織れましたけど、たいへんでした。

縒ってない状態の絹糸さんたちは、
わずかな摩擦でとろけるようにほぐれ、くっつき、
巻き取った竹管からスムーズに出てくれないのです。

とろきぬ・ふわふわ化

巻き取り作業しながらも、指や糸同士で触れ合うときの、
ほんのちょっとしたひっかかりで、
トロトロゆるみほぐれて、溶け合ってしまう・・・

こんなに、デリケートなものだとは。
そーっと、そーっと、扱わねば。

とろきぬ・撚るために1

縒り合せるべく、紙管2本にわけてとり

とろきぬ・撚る

チャルカでくるくる。

とろきぬ・撚り比較

そうしてやっと、キリッと糸に。
右の「撚ってない状態」に比べ
触っても安心な、とろけない糸になっています(^0^)!

とろきぬ・シャトル

この状態にして、織り糸として、ちゃんと使えるようにするために



とろきぬ・まきとりちう

まずは、紙管にまきとらねば、なのです。
これが難航中です。

はじめの束で、慎重さが足りず、
ひっかかり、滞り・・・
うっかり切ってしまって、糸はしを見失って、
そしたらもうどうしようもない状態に(;_;)。

一部を切って、
くぐらせながらほどいていって、
つないで巻き取っていくことの、
くりかえし、くりかえし。

もう大反省です。
でも
ぜったいぜんぶ巻き取るのです。
大下さんから託された、大切な糸ですゆえ。


最初の束の大失敗を教訓に、
さらに慎重に巻き取った別の束。

とろきぬ・巻き取り完了

それぞれ2〜3日でなんとか巻き取り終了。
ほんとはそういうペースのはずが。
2ヶ月まるまる費やし中。

撚る前の絹糸が、
どんなにふわふわでトロトロで、
綿あめみたいにデリケートだってことを。

ぎゃふんと言うほど味わい中です。
ぐうう。










スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR