いまこの場所で、できること

明日のまあるい学校でのアートワークでは

身近な紙、たとえば
包装紙
広告
新聞などの

いろかみあそび・とり

色や質感を生かして
絵をつくる遊びです(^^)。

いろかみあそび・くじら

まあるい学校はこの春から
大きなゲルになりまして、
しっかり畳敷きの平らな地面、
平らな机上が約束され
図工屋的には、ありがたいかぎり。

前回みたいな、ちょっと汁物(墨汁で描くとかのワーク)とか


いろかみあそび・ぞう

こういう細かいパーツが散らかるものなど、
何かでバランス崩してひっくりかえす!なんてことが少なく、
できることが、広がりました(^0^)。





山梨にきてからの図工の仕事は
これまでのような、机や水道のある教室とは
全然違う場所でやることも多く。

最難関は森の中などの屋外でというシチュエーション。
微風でも散らかる紙モノ、ほぼNG。
水道ないから絵の具もNG。
・・・となると
木の実の額1
こういったもので
なんとか乗り切ってみたり(^^;)


次によくあるのが、
室内だけど水道ナシというシチュエーション。
風問題が無くなって、
紙モノが許されるようになり、
切った貼ったのワークが参入可能。
影絵
あいりちゃんのぞう2
144_4423_r1.jpg
タペストリー1
いろいろ、できます。
雨風しのげる室内って、ありがたいなあ(^^)。たすかるなあ(^^)。

今年からはじまった、小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」では
なんと!公民館にて図工室のような貸部屋での活動日もあり、
これまでは当然だった全てが整っている場所が与えられ
それがもうなんというか、
ものっすごいありがたい気がしますm(_ _)m!

次回はこれやろうかなあ、絵の具スタンプで、遊ぼうかなあ(^^)
えのぐスタンプ





でも、でもですね。
そうはいっても。
山梨にきてからの方が、はるかに、はるかに、楽なことが多いです。

水道なくても、平らな場所がなくても、
子どものみなさんにとってはいい環境が
都市部より多いのでしょう。

いろいろ、心地よいのです(^^)。

図工屋としては、
工夫や知恵が要りますが。
無いものを数えるのではなく、
いまこの場所にあるものに感謝して。

いろかみあそび・かに

そう、明日のワークも、「今あるものを生かす」が裏テーマ。
買ってきた色紙、折り紙ではなく
日々届く広告や新聞や何かの包み紙が
どれほど個性的でおもしろいかを
再発掘するじかんです(^^)。


明日生まれかわる予定の、いろんな紙たち、スタンバイ中!



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR