精麻いっぽん

いやもう今日は誰が何と言おうと
糸のこと、やるんだってばー

てな勢いで

ふたたび
麻績み中。

ひとつかみの

いただきものの、栃木産の精麻いっぽん。
ひとすじ、って言うべきでしょか。
紙テープみたいな、2〜3㌢幅で2m程度の、アレ。アレがですよ。

裂くとなんだかめっちゃ増量、ふっさふさですよ。
たった一本がこんなになるんだってこと、
あらためておどろいています(°0°)。
績んで績んで、麻桶にぐるぐる。
まだまだいける、どんどん長くなる・・・



今年はずっと、祖母の家から出て来た
古い麻を績んでいたので。
現代モノの白さ、柔らかさ、すいーーっと裂けて切れにくい様、
ちょっと感激です。

左が、現代の麻。
右が、70年前の麻。

ひとつかみの3

古い麻は切れやすく、どうしても太めに績むことになって、ワイルドにゴリゴリです。
古いからなのか、あるいは、「粗品」との熨斗どおりに、そういう用途のものなのかも。
母の言ってた「下駄の鼻緒にする」用なのかも。


ひとつかみの2

ゴリゴリ太めのワイルドなやつも、機にかけると意外におとなしく。
こちら、夏の帯になる予定です。
涼しい帯に、なりますように〜。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR