アカソから糸をつくる試み

昨日の麻績みの記事に続きまして、またまた糸の話。

大麻は育てるのに免許が要りますゆえ、
自給を試みるにはまず、
苧麻などほかの草木で、糸を採ってみたい(^0^)!

・・・と思っていたところ、先日の
波多野ゆふさんの自然観察会にて
アカソの現物にお会いできました。

アカソ・本体

一度じかに見て触れる機会が、あるとないとじゃ大違い。
図鑑やネットの画像越しではイマイチ確信もてなかったアカソの判別、
その日以来「あっちにも」「こっちにも」と近隣で目につくようになりまして

アカソ・皮むき中

採ってみました。

採ったあとどうするかを指南してくれるリアルな先輩が近くにいないので
とにかく検索しまくって、こんな感じかしらと処理中です。

アカソ・くき

ただ乾かして、あとで石に木槌で打ち付けるという記事があったり

アカソ・皮

皮を向いてすぐ水に浸け、乾かすという記事もあり


さー、つかえるのはどっちでしょうねえ(^^)。
糸になるかなあ。
なるといいなあ。



こういうとき、
ネットもありがたいのですけど
でもでも
何度も書いてしまうけど、何かの断片でも、
一度じかに見て触れる機会が、あるとないとじゃ大違い
なのでして

じつは昨年、池田暢子さんにカゴ編みを教わったとき、アカソを縫い糸として使わせていただきまして

アカソ・からむし
こんな状態のものでした。(画像は苧麻)
刈り取って干しただけ、と仰ってたけど
茎があんなにゴツイとはしらなかったので(^^;)
干しただけ、っていうのはきっと、

アカソ・皮

こうやって皮むいてからの、ことなんだろうなああ。


念のため、頭としっぽも判別できるようにそろえたのは

ひとつかみの

大麻みたいにこうやって、
裂いて績むこともできるかもしれない、かなあ
などと期待して(^^)。
できるかなあ、できたらいいなあ。


前述の池田暢子さんに、わざわざこの春送っていただいた
苧麻の苗は
アカソ・からむし苗
どうやら今年は、根をはることで精一杯の様子です。
まだたったの30㌢ほど。
ほんとは1mとかになるらしいから、
今年はゆっくり、見守ります。

アカソ・わた
「わわわのわ」で頂いた綿の種は
発芽からひと月以上、どうにか無事に育成中。
まだ10㌢に届かないけれど、
綿の実、つくかな。つくといいなあ。



畑で育てる「衣」の素材。
手探りも手探り、すべてが新鮮で楽しい、
初挑戦の夏、進行中。


追記↓先日突如あらわれたイチゴを増やすべく
アカソ・いちご
伸びて来たランナーをポットにキャッチ!しています。
空からもらったイチゴの苗、きっと増やす(^0^)!





スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

お問い合わせありがとうございます、お返事しようと思ったらアドレスがみつからず(^^;)、私のアドレスをここに貼りますので、よろしかったらこちらへどうそ→yuuu888@nifty.com
プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR