ひらべーしから来た藍の色

山梨の平林(ひらべーし)という小さな里山にて
衣服を製作されている
おかげ染め 藏屋さんから

お願いしていた絹糸の藍染めができあがった、とのことで
小包が届きまして

あけてびっくり(°0°)

くらや・糸

わかっていたけど
知ってたけど
それにしても!


こってり濃厚
力強い色に染め上がっておりました。



昨年5月のパウワウマーケットにて藏屋さんに出会い
この、こってりな色たちに感動しまして

今年ふたたび、大下さんから託された絹糸をもってパウワウに出向き
染めを依頼させていただきました。

大下さんからの、絹糸に。
藏屋さんの、藍の色。
これをタテ糸に、ヨコは何にしようかなあ。
やっぱりおばあちゃんちの大麻かなあ。
…とか考えるだけでもう、おなかいっぱい幸せです。


くらや・3つの色


くらべてみませう。

上2つが、私が薪火でコトコト煮出した
桃の木の黄色(右)と
そこにちょこっとベンガラ土入れて桃色にしたやつ(左)

で、下のが藏屋さんの藍です。
「藍」の草の成分で、重みも増してるんじゃないかと
感じられるほどに、濃い!



くらやさん・織り途中

私の糸たちの、幽かな色。
これはこれで、堪能するとして。

はい、ここでもういちど、藏屋さんの藍。




くらや・糸

濃厚ですねえ。
藍、入ってますねえ。
これはなにかに効きそうですねえ(^^)。



藏屋さんの染め仕事、布仕事は
はっきりと「草木のエネルギー」を意識されていて
身につける人が肌からそれらを受け取り、癒し、身を護ることを
願っておられます。

アースバッグハウスのtuneさん、
”土から生まれ土に還る”の意の店名、チプカとクプチカさん、
などなど

草木の力を肌から受け取れる服を
作っている人たちに出会えて
以来、じわじわとワードローブが
そういうものに置き換わって行っています。

昔の布の心地よさに惹かれ、秋冬はキモノばかりになったのも、そういう流れからでして。
心地よいので、つい。
ひとにもすすめたくて、つい。




明日から開催される
八ヶ岳クラフト市
藏屋さん、平林からはるばると、お越しになるそうですので(^0^)

”染めに使うお水は、樹齢1200年を越える大杉が鎮座する氷室神社の脇から流れる
標高1000mの湧き水を使用。
何度も染め重ね、ひとつひとつ手作業で丁寧に
草木の”いのち”を染めさせて頂いています”

(…………ショップカードより、藏屋さんのメッセージ抜粋)


このパワフルな植物の色に触れてみたい方、ぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR