FC2ブログ

タイムの茎の香を焚く

雨、雨、雨の季節に、お香。



ここんとこ、香も自家製となりました。




身の周りの草木を乾かして
刻んで刻んで刻むだけ。

細かくすればするほど、
お香らしく、しずしずと燃えます。



IMGP3581.jpeg

特に今は、ハーブが元気。
だいすきなタイムも最盛期。


IMGP3583.jpeg

花と葉っぱは美味しく食べます。
まいにち山盛りいただきます。



IMGP3588.jpeg

すると、茎がいっぱい余るので
刻んで刻んで、お香にします。

ほかに

赤紫蘇
山椒
ローズマリーなど

焚いて香る草木は今
採っても採っても
どんどん育ってくれます。


”昔は毎朝仏壇でお香を焚き、お膳をお供えする家が多かった。
香材は農山村ではほとんどの家が自家製のものを利用していた”

・・・・・・『植物民俗」長澤武著・法政大学出版局より



香材となる植物、日本ではどんなものが使われてきたんだろう。
カツラ、ネムノキ、スギの葉、ツバキの花・・・
・・・『植物民俗』で紹介された数行では飽き足らず。

IMGP3591 (1)

同シリーズの『香料植物』なる本、入手。
焚き物好きにはこれまた、たまらない本が来てしまいました・・・(´∀`)



雨、雨、雨の季節に。
爆発的に草木の育つ、
夏の直前、下調べ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)

出張図工屋、ときどき絵描き。
さまざまな「手のこと」をみなさんとシェアしながら
暮らすこと、生きることの知恵を
取り戻す活動をしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
の2カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR