龍を描いてみよう

来年は辰年です。

うさぎ年だった今年に比べて、タツはとっつきにくいですね。

しかーし。
アートの子どもたちなら、なんとかしてくれるんじゃないかと思いまして♪、
ただもう「描いてみよう!」と無茶ぶりしてみました~

さーみんな、がんばって!


龍・みさい
おおっ

龍・まき
かわいい、かわいい!!

龍・きょうか
そうだ、青いのもいいですね。

龍・すずか
架空の生き物ですから、どんな色でもアリでしょう。

龍・しゅんや
雷、似合います

龍・さきこ
赤ちゃん龍もいますね(笑)

龍・めい
おお、火を吹いてます

龍・ゆうき
普段から好きで描いてるという男の子。さらさらと2枚も。

龍・さとみ
こちらは女の子ですが、描いてるうちに何か掴んだのか

龍・さとみ2
もう一枚。

龍・さとみ3
さらにもう一枚。

龍・さとみ4
もう手が覚えた、としまいには
コドモ龍をもりもり量産中!


龍・ユ
この日を楽しみにして、分厚い資料を持ってきた子も。細い線をつぶしたくないので鉛筆で。
拡大しました、見えますか?力作です。

龍・チュ
こちらもがんばりました。
難しくても、なんとかして描いてみたいと思わせるのが龍なのですね。


さてみなさんが描くとしたらどんな龍になるでしょう。
コツというか、便利な記号は
「長い顔」に「つの」と「ひげ」。
あとはうねうね長かったら、きっと龍になる!?

ところでこちらは、街で見かけた年賀状の広告看板。
ディック・ブルーナさんの描いた龍です↓
ブルーナ

わはははははは

年賀状の看板じゃなかったら、何だかわからない!?


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

すごいな~

大人が急に『竜を描け』と言われても、サラサラと描ける人もあまりいない気がします。
子供たちの柔軟性は、素晴らしいです!

No title

こどもって、ふだんから無茶ぶりに慣れてるのかもしれないと思う事があります。
ついこの間生まれて、2本足で立って、日本語覚えて、時間を守って園に行き、
絵をかく、うたう、おどる、楽器をひく…
できない!と思うより先に動いてる。ような気がします。性格にもよりますが。

そこを見習いたいです。すごいですよね~。
プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR