八ヶ岳 森のかわいい仲間たちin engawa cafe

山梨のアパートは清里が近いのでよく行きます。
感じの良いお店や場所がたくさんあって、未だに新しい発見が尽きません。

最近になって見つけたengawa cafe(エンガワカフェ)も素敵なところ。
古民家を改装した手作り感いっぱいの楽しい店内、本物のヤギとアヒルが憩うのどかな庭、
そしてなんといってもごはんが美味しい。デザートもオシャレなんです。


週末、お昼を食べに出かけたら、
店内のいたるところに趣のある人形たちが。
てすりのくま
てすりに乗っかっていたり、

いすにすわるくま
座席に先に座っていたり(笑)。

そして、案内してくれるお姉さんの言葉がふるっています。
「今日はこちらのくまさんとご一緒でもよろしいですか
通されたお客さんたち、「可愛い!」といい笑顔。

小さい子が手に持って「ねこさん、こにちは~」などとままごと遊びを始めると
「わあ、遊んでくれてうれしいな。たくさんお話していってね」と声をかけ。
よくよく聞いていると、どうやらウエイトレスさんは人形作家ご本人!!

こちらでは4月22日(日)までの間、「八ヶ岳 森のかわいい動物たち展」ということで、
たくさんの人形が見られます。


りす
私の席にはリスさんが。
1点ものの作品がご飯を食べるすぐ横にいて、
も、もし誰かが、うっかりコーヒーを倒したら…なんて思うと…
1体1万円以上するものですからどきどきしちゃうのですが
これだけ間近にいてくれるおかげで、ガラスのショーケースの中に入っていては今ひとつ感じにくい
人形の存在感、重み、手仕事の痕跡を生々しく、自分の手の上で感じることができます。

いや正直、高価なテディベアなどを収集する人たちの気持ちは全然わかりませんでしたが
この日初めて「人形ってすごい!」と思いました。

いろんなタイプの人形がいましたが、私がまいっちゃったのは
きつねとたぬき
このリアルなキツネ。タヌキも、すごい!

人形たちは清里のテディーベア専門店メイフェアから来たもの、とのことで
もっと見たくなった私、そっちにも足を伸ばしました。

天井までくま
小さなログハウスのお店の中は、天井まで人形がぎっしり。

「可愛い」にもいろんなテイストがありまして、
モンスター系
こういう個性的な子も…


ぺんぎん
携帯くらいのミニサイズながら、動き出しそうなド迫力。


ぬいぐるみに1万以上となると、正直なかなか手が出ないお値段ですが。
かかる手間ひまと材料費を考えると、まったく釣り合わないのではないかと思います。
それにしてもすごい存在感でした。量産品とは全然違いました。

私が「いい!」と思ったリアルなキツネ、タヌキ、ペンギンも
ただ「本物みたい」を目指すのではなく、愛でてもらえる人形として
ちゃんとそういうさじ加減で造形しているんだと思います。
自分が描くときもそのへんは意識するポイントで、
とても勉強になりました。

仕事場にもどって、しまいこんでいたうちの人形を出してみました。
うちのこたち
新潮文庫の景品パンダさんと、
授業でつくった軍手のうさぎ。
時々出してあげなきゃね。


こんどまた、アートの子たちと
人形作りをしたいなあ。
うさぎ
人形たち

てがたできた


(お人形がすきな方、今ならengawa cafeにて気軽に間近で鑑賞できます。
その後もメイフェアでなら同じように手に取ってお人形と向き合えます。
もちろん購入も可能です~)




スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR