そらまめを描く

こんな素敵なモチーフを
7年ぶりとはうっかりしてました。

鹿児島産のそら豆さんたち、ゴロゴロ並べて選んでもらって。
あけると、みんな様子が違って。

ただでさえ「お豆、好き!」という子どもたち、描こうと思って見つめると
また愛しさひとしおです。

まめ・まき
まきちゃんはいつもゆっくり、きっぱり、丁寧です。
一筆一筆が、よく見て→考えて→こうと決めた判断の蓄積。
生真面目で丁寧で、それがとても可愛いです。
本人そのものです。大好きだー。

まめ・きょうか
きょうちゃんは「色」を見る力がすごくあります。
白黒のデッサンでも、濃淡を丁寧に追って
きらきらと鮮やかな描写をする子っています。
まだ4年生になったばかり、これからとっても楽しみです。

まめ・ゆうき
この日ちょうど学校で鉛筆画をやってきたという2年生のゆうきくん。
いつもはパステルで色を楽しむのですが、今日は白黒で描く!と鉛筆1本で。
出てきた豆がだいぶ個性的だったのですが、そこをしっかり見て描いています。
さやの中も、ぐいぐい描いてておもしろい!

まめ・あかつき
今回一番大きくのびのびと描けたのが、3年生のチュさん。
豆が大好き!とのことで、大きいやつを選びました。
さやが大きいと豆も多いし、豆になりきらない小さいのもたくさん。
さやの中がにぎやかですね!

まめ・しゅんや
5年生のしゅんやくん、自分でも「おっ!」というくらい満足なものが描けました。
特にお気に入りは、豆とさやとをつなぐ、へその緒みたいな部分です。
豆のさやに自然にくっついて、その先はすーっと縁につながって・・・
溶け込むような有様に感動。そこを大事に描いていました。

まめ・こうき
今月から参加の中学生、コーくん。緻密な観察は予想通り、大の得意。
この調子でいろんな角度から4カット描きました。
ちゃんと観て描く人ほど、ついついぎゅーっと小さくなりがちで
コーくんも実物よりちょっと小さい…
次回の課題は、とりあえず実物大!せっかくの描写が小さいと見えにくい。
もったいないから、次回は大きくね!

まめ・めい
色で描いたひともいます。2年・めいちゃん。
どんな形で、どんな色で…と、描こうと思って観察すると
いつもよりいろいろ見えてきます。
その全部を表現するのはなかなか大変で、これしかできなかった~と思っても。
描いた絵を見れば、自分はそれを思い出します。
自然物の深さ、豊かさ、手強さ、美しさ。拘泥した軌跡が絵になります。

まめ・さとみ
そら豆のさやの内側は、本当にこんなふうにまぶしいくらいきれいなんです!
4年・さとみちゃん作。
「今どこ描いてるかわからないよ~」ってつぶやいてましたが、
それは、ちゃんと観ようとしている人しか感じられない迷いです。

どこを描いてるか、わからなくなっても。
みえているのに、どう描いていいかわからなくなっても。
ゼロより1。
1より2。
完璧じゃなくても、無いよりずっといい。
手を動かせば、絵は生まれます。

いつも自分に言い聞かせている事、観察画の日には
ついつい口からこぼれます。






スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR