ニューズウィーク日本版・官邸前抗議行動の記事が雑すぎる件

発売中のニューズウィーク日本版で、
官邸前抗議行動が記事になってます。

世界のニュースが中心のこの雑誌で、
ついに官邸前も記事になったかあ・・・

・・・いや、でも、ちょっとまてぃ

短い記事の最初から最後まで、ツッコミ処満載ですが!?

ニューズウィーク
まずこの写真からして。まるで参加者が警察にツッコんでいってるみたいな絵。

参加者は絶対、警察の支持には逆らわない事!とキモに銘じていて
主催者も常に拡声器でそのことを訴えています。
そんなことしたら即タイホだからです。

この混乱した状況は、急に強硬になった警察の取り締まりによって誘発されたもの。
ホースの口をわざと細くして勢いを増されたところの、その最前列の特等席に
記者クラブの人たちがカメラを構えていて。

私はこのはるか後ろ、一駅もむこうで並んでいたので
この顛末はIWJなどのフリーメディアによるライブ映像や報道、みなさんのツイッターで知りました。
一駅歩いて最後尾まで行く間に見たのは、いつもどおり、
整然と並んだ市民の非暴力で静かな抗議。

撮るべきは、こっちだろー。
このスタイルこそが、驚愕で新しいんだってば。

何週間もやってきて、この写真みたいになったのはほんの一瞬、ごくごく一部。
万単位であつまった人々のうちの1%にも満たないのです。

そんなの、ツイッターで「官邸前」って検索すれば
あっちゅーまにわかる。
皆がアップした映像や文章で多角的に。
取材が雑なの?
それとも意図的?


写真だけでもツッコミ甲斐がありましたが
記事もずいぶんです。
一カ所だけとりあげるなら、ここに一番モノ申したい↓

“参加者の年齢や立場がばらばらなら、熱意もばらばらなのは確か。
デモの中心から離れるほど「再稼働反対」の声はか細くなった”


そんなこたあない。それに、
熱意は声の大きさに比例しない。
動員かけられてイヤイヤ来てる人なんか一人もいないんですよ、ここには。
わざわざ足を運んで、雨の中立ってるってことで充分、
とんでもない熱意です。


ちなみに私はシュプレヒコール苦手派で、
そういう人にもちゃんと居場所があるところが
ちょー画期的なんですってば。

やっぱあともう一カ所、ここにもツッコミたい↓

”政治への関心が低いといわれてきた日本人が変わり始めているのか、
反原発ブームに便乗した一部市民による一過性の抗議なのかーーー。”


ブームて。
便乗て。
一過性て。

たとえ1回でもこれだけの人が集まるのは大変なことで、
それがすでに数回続いているのはさらにすごいというのに、
すごさに慣れちゃったんでしょうか。

一人一人が時間とお金と体力を割いての、力一杯の意思表示を
「いつまで続くかな、ふふん」な上から目線。

かちーーん

→(こっちもすごい)いばりんぼ記者クラブの様子

私は今週行けません。でもまた必ず、別の週に行きます。
そうやって、入れ替わり立ち替わりいろんな人が来ての、あの人数。

すでにアルジャジーラ、BBCなど海外メディアが的確な報道をしています。
日本語に訳してアップしてくれる親切な人がいたりして、助かります。英語苦手なんで、とてもありがたいです。
ニューヨークタイムズ・心優しき人々の猛抗議


ニューズウィークからは今までいろんなニュースを吸収してきました。
しかし自分が渦中にある件が記事になったのは今回が初めてで、
的をはずした内容にがっかりです。

ちょうど、定期購読の期限が目前。
ここんとこお世話になりまくっている田中龍作ジャーナルに切り替え決定。




スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR