爆笑授業!安富先生のおそろしくためになる講義

東大の授業が、東大に行かずともきけてしまう。
受験を通らなくても、家から一歩も出なくても♪
しかも、すんごいおもしろい。
もうこれ、みなさん、聴かなきゃ損、損です!

IWJ配信・合理的な神秘主義とはなにか〜安富先生の講義
↑期限が来ると会員限定配信になります、お早めに♪

前半はがっつり経済学で、これはこれでおもしろいのですが
衝撃的におもしろいのは後半、ゲストの江口友子さんとの対談でした。

江口さんは、ガンから生還されました。
「あ、もう死ぬな」と思うところまで行って、
自分が抱えている問題に目覚め、向き合い、
すこしずつ回復する中で、安富先生の本に出会います。
激しく共感する部分があり、ツイッターでコメントしているところを
安富先生本人の目にとまり、この対談につながったとか。

生きるか、死ぬかというところをくぐり抜けた人の話はド迫力。
途中で眠くなるようなことは一切なし。



「人の評価をすごい気にして歩いていた。
その人に合わせて自分を”江口Aパターン””江口Bパターン”、みたいに作っていた」

「本当は”なんで私に電話してくるの?”って思ってたんですよ。
だけど、評価を気にするから、
お電話いただいて飛んでって、はい、そうですか!
…っていうふうになるわけです。
そういうことを、様々な場面で、くりひろげていたんです。」

「服とかお古で頂くんですけど、すごく嬉しくて着てるんですけど、
だんだん自分がほんとは何を着たいのかわからなくなってきて。
私はなんなんだ?と、なんとなーく思っていた」

「ガンと言われて、ほっとした。これで休めると思った。そんな風に思った自分にショックを受けた」

「入院したらしたで、また”いい患者パターン”を作り始めていた」

「もういい加減つかれたな、と思ったのが、もうあと1回抗がん剤打ったら死ぬな、というときだった。
そこまで崖っぷちにならないと気づかなかった」


がんにはいろいろ原因があると思いますが、
江口さんの場合には、
こうした行動パターンが原因になったのではと
ご自分で感じておられます。
(もちろん、そうでない場合もたくさんあるので、
あくまでも”江口さんに関しては”ということですが)


ここから引き返すことができたのは、知り合いの方が毎週とどけて下さったメッセージのおかげだそうです。

「体の声をききなさい」

「あなたの声を、今日はききましたか」

と、繰り返し。
最初は意味がわからなかった、でも大きなヒントになった、と。


「間違った生き方をしていると、間違っちゃうんだなと思いました。」
立場主義になるとか、本当は思ってない事を言うとか。
これ以上そういうことしたら、
「こんどこそ死にますね」と笑いあう江口さんと安富先生。


もう5回以上、繰り返しきいて
安富先生のこっちの本も買って。

生きる技法生きる技法
(2011/12/23)
安冨 歩

商品詳細を見る



空気読んだり、いい人になろうとしたり、
それに引きずられて、思ってもない事を言ったりしたり、しちゃダメだなと。
命削っちゃうんだな、本当に。


…実はちょっと前、私にも同じような気づきが、怒濤の体調不良によってもたらされ。
人ごとじゃーありません。


おとなで、今、こういった問題と無縁な人はいないんじゃないでしょうか。


空気なんか、読んじゃいけない。
自分の声を、きかなくちゃ!


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR