”ちゃらんけ”しましょう

手を取る人々

ちゃらんけ

なんかふざけてきこえる語感ですが(笑)

これはアイヌの言葉です。

三宅洋平さんがいろんなところで広めている、すてきなことばです。

何か問題があったら、みんなでそれを、
えんえんと話し合う。
本音と本音をぶつけあう。
立場の真逆な相手同士、言いたいことを洗いざらい。
えんえんと。

・・・すると、どういうことがおこるかっていうと。

「うちんとこも大変だけど、
あいつらも大変なんだな」ということが

”わかってしまう”のだそうです。

わかって「しまう」っていうのが、いいですよね。
そりゃそうだ、よく考えてみたら、みんな守るべきものが、あるんですから。

たとえば原発推進の方々にも。
真実を報道しないメディアの現場のひとたちにも。

相手を「敵」だと思っているうちは、何も良い方向へ動かない。
これは、不肖わたくしめも、17年いろいろやってきて強烈に実感します。

「私に敵はいない」と言ったのは、
中国でノーベル平和賞を受賞しながらも投獄されて授賞式に行けなかった、劉暁波氏。

敵意を捨てないと、何も動かない。
「私はあなたの味方ですよ」というスタンスをとらないと、
なんにも、なーーーんにも、始まらないのです。


そんな「ちゃらんけ」がリアルに展開されたのが、つい先日行われた
「山本太郎緊急集会! どうする参議院選挙!」でした。
(赤文字をクリックするとみられます。IWJ報道より)


今のおかしな流れを変えたいなら、ひとつになるしかない。
無理を承知で、どうにかなりませんかと、山本太郎さんが呼びかけています。

社民・みらい・共産・みどり・などなどなど、

「原発いらない」
「TPP反対」で共通している政党に呼びかけているんです。


しかし、既存政党の方々は
時間がない
とか
現実的でない
とか

ぐだぐだぐだぐだ、ぐだぐだぐだぐだ・・・・・・

正直、そんなこと言ってる場合か!!とはり倒したくなる有様。


会場からもそんな声があがります。

すると徐々に、みんな本音トークに。

共産党のおじさんが、批判に応じてぶちきれます。
おれたちだって、こんなにがんばってんだよ!役に立ってないとか、心外だ!てな具合。
で、しんさかいがどーの、しんぎがどーの、なにとうがなんにんでどーの・・・という、
こっちにはまるでわからない事情を大演説。

そこへ、立候補を決めたばかりの、”こっちがわ”な三宅洋平さんが
フクイチ作業員のリアルな被爆の話をしつつ
「正直、僕らには、そういう話はまどろっこしくきこえる。
まだこのおじさん、おばさんたちは政治しちゃってるよ、政治してる場合じゃないよって感じる」
ということを率直に、静かに伝えつつ

「ここに集っている人たちはみんな真剣なんだ、
どうにかしようと話し合っていることが大事なんだ、
怒りは必要ないんだ」
とも付け加え、

とげとげしそうになった会場の空気を整えます・・・


なるほど。

これが、「ちゃらんけ」か!


既存政党に向けられていた私の中の苛立ちが、雲散霧消。
あっちの苦悩も、わかってしまったです、私にも。

なるほど。

これが、スタートラインなんだな。





日本はいま崖っぷちに立っている・・・のではなく、もう、
崖から落っこちて、片手でなんとかぶら下がってる状態だと。
山本太郎さんのお言葉をかりると、そのような状態です。

TPP、これが通ってしまえばもう日本は事実上植民地です。

国会も意味がなくなります。

TPPは、国内法より優先するから。

原発なくしたい、と国民全員で意思表示しても、それは不可能になってしまうんです。

世界中で反対運動が巻き起こっています。

これはもう、戦争です。
武力によるあからさまな侵略ではなくとも。
飲み水すら奪われます。
山本太郎さんのブログ記事がわかりやすいです


自民・民主・公明・みんな

の4党が過半数を占めたら、憲法が変えられてしまう。
どうやら本気で戦争したいらしいです。

これ見て下さい、政府が作った「子どもへの方策」ってやつ。
こどもへの方策

ツイッターに上げられていた皆さんの声です。

”「満18歳で全ての国民に1年ないし2年間の奉仕活動を義務づける」ってなんですか~?何をさせるつもりですか?! この他にも目を疑うようなことがたくさんあるんですけど…怖すぎるんですけど…”

”<小学生>簡素な宿舎で約2週間共同生活を行い肉体労働をする
<中学生> 簡素な宿舎で約2週間共同生活を行い肉体労働をする
<高校生> 満18歳で全ての国民に1年ないし2年間の奉仕活動を義務づける
…なんだコレ汗”

”どこの変な団体の話しかと思ったら…(--;) RT @yura_2013: 「子どもを厳しく「飼い馴らす」必要があることを国民にアピールして覚悟してもらう」教育改革国民会議 一人一人が取り組む人間性教育の具体策(委員発言の概要)”



どうしても、いやなんです、こどもたちが戦争に駆り出されるのは!
うちの夫も、弟もあぶない!


テレビも新聞も伝えないから、未整理なままで申し訳ありませんが、
これからも時々こういう情報をみなさんとシェアさせてください。

そして、国会が、
”ちゃらんけ”のできる場になるように、
次の選挙でバランスをとりたいんです。

みなさんもご一考いただけたら幸いです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR