土から生まれ土に還る、布の絵

布に描くということ。

布に1

布ならではのおもしろさ。

布に2

まだまだ気づいてない楽しさが

布に3

ありそうだなあ。

布に4

土から生まれ、土に還る
ヘンプコットン、草木や土の色。

みずおおかみ2

肌から大地の力を「服用」する、
そんな心地よい布であるようにと。

素材を楽しみ、愛でながら、
時満ちた時に少しずつ、少しずつ描きためて。

みずおおかみ4

布の仕事は、急がないのだ。
急ぐと何かが、もったいないのだ。




そんで、さあ、いよいよ、出番だ(^0^)/。

あさって、10月7日の土曜日。

KURIさんの森で、ご縁を待ちます(^^)。

表現のマルシェ、他県からもたくさんの個性的な作り手さんたちが集まります。
出会いと交流が楽しみで、楽しみすぎて。
店番をオオカミくん↓に任せて
みずおおかみ4
会場内を、飛び回ってしまいそうです(^0^)。






綿の実できた

小鳥がやたらつついているから、
もしやと思って見に行ったら。

IMGP1448.jpg

綿の実、開きました(^0^)。



とれたあ(^0^)とれたあ(^0^)

IMGP1450.jpg

ほんとにすこしだけど、
あと数個しかとれそうにないけど、
しかも今、落とした軍手に引っかかって、ひとつ実が落ちちゃったけど(^^;)。

まいた種の分くらいは、回収できる、かも(^0^)!

何から何まで作る、暮らし

先日、KURIのおふたりの住まいにお邪魔しました。
10月7日(土)の妖精舞踏会における表現のマルシェに参加するので(もう来週だ!)、
その搬入下見と、開催中のガレージセールを見たくって(^^)。

「時間ある?お茶飲んでって〜」と
さらっと出されたこちら、
ルイボスティーと、
mihoさんお手製、酵素を作ったやつを乾かしただけという濃厚なドライ桑の実。
滋味深く、しっかり甘く、大地の恵み!というお味でした。

クリ・お茶

このまま雑誌の表紙にでもなりそうな、美しさ。
手作りテーブルの天板の景色、なんてすてき。

クリ・窓中

木枠の窓枠、楽しいいろんなもの、

クリ・窓外

壁、屋根、土台、

クリ・外壁

外壁も、階段も、
とにかくここは、なにからなにまで、

クリ・階段

全部手作りの家、なのです!

クリ・ショップ

母屋も離れも、ぜーんぶ手作り。


クリ・石鹸

KURIさんといえば、音楽家で、
手ごねアート石鹸がよく知られていますが

クリ・ショップ壁

生きるのに必要なこと全部、


クリ・ショップ内

大きなものも小さなものも、
全部全部、作ってしまうのです。

クリさんたち

年に何度も海外ツアーをこなし。
国境を越えて、あの音世界を届けながら。
手間暇だらけの日々の営みを、自然体でこなしておられる、KURIさんたち。

そのお二人が年に一度、この場所で開催する
妖精舞踏会
いよいよ1週間を切りました。

「場」も自分で、作るのですね。
与えられたところに、赴くだけでなく。
マーケットも、ライブも、手作りしちゃうのですね。


どっちを向いても、何を見ても、全部すてきで、絵になるところ。
KURIさんのお人柄に惹かれて集まる、ユニークな出展者さんたちときたらもう
他でなかなかお会いできない方も多く・・・
お近くの方もそうでない方も。
この稀なる祭り、どうぞお見逃しなく、です(^^)!

(表現のマルシェの方は、入場無料です〜)









ふくふくフクロウ

きょうの1枚。

ぽーってり、ふくふくの
フクロウが描けました。





明るい明るい、満月の夜。
人の目でさえも、明るく見える夜。

フクロウの目ならもっともっと
明るく見えるんだろうなあ。

キモノはじめ

朝晩だいぶ冷えてきました。

今朝などはくしゃみが止まらなかったり、
手足がつめたかったりで、
こうなると自然に
「帯!巻きたい!」となりまして

着物始め1

再び、キモノ生活開始です(^^)。


目指すは、洋服の時と同じくらい動ける「働くキモノ生活」。

基本、たすき掛け。
丈、短め。
(下に着た巻きスカートを少しのぞかせるくらいの、
ヒマラヤの子どもみたいな足元で)
そんで靴、いつもどおり。

着物夏帯

昨夜、ようやく完成した夏帯、今日くらい試しに
家で着てみようかと、思ったのですが。
この風通しの良さそうな感じ、あまりに寒々しく(^^;)。
うむ、おとなしく、来季を待とう。
夏にはきっと良さそうだ(^0^)

着物で農

畑仕事も水仕事も、エプロンすればいつも通り。

着物で農2

豆もどっさり採れましたよ。
畑の様子が、めっきり秋です。
緑が順に、枯れ草色になってきています。

着物始め空

夕方ようやく見えた青空。
空気はキーンと冷たいままで。

着物始め風

風は北風、八ヶ岳から吹き下ろす季節。
弱った蜂が、巣に戻れずに、揺れる葉っぱにただただつかまっています。


寒さと付き合う時間の、はじまりです。
そして久々のキモノ、あったかいです。
腰もラクだあ。
きもちいいぞ。




プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)は
造形教室講師、絵本制作、
造形案の提供など
子どもと美術に関する仕事を
いろいろしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
◯小学生のための遊びの寺子屋「どんぐりと山猫」
の3カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR