真冬のワタ

1月31日、寒の真っ最中、
「綿のいとなみ わわわのわ」の棉畑にて。



雪を超え、大寒波を超え。
たくさんの棉の実が、
開いていました(°0°)


なんども凍って溶けてを繰り返した棉たちは
種の外皮がもろくなっていました。
種取りする時カラが繊維に混じります。

それでもそれでも、
取りきれないほどの棉たちが
一番冷え込むこの時期に
繊維の花を開いてくれていたことに

もう

びっくりしましたm(_ _)m
棉、すごいやm(_ _)m


IMGP1998.jpg

カラつきのまま、いくつかいただいてきましたよ。



IMGP2002.jpg

リスペクトを込めて、その姿、描写します。

IMGP2003.jpg

ありがとう、ありがとう。
きみたち、すごいや。


IMGP2005.jpg

糸縒りもじわじわと進行中。
布になる日が楽しみです。




冬に草木の恵みをいただく

春にとって乾かしておいたうちのヨモギを、
太白ごま油に漬け込んでみました。




乾燥させてさえおけば
草木の恵みは時間を超える、てのが
いつも思うけど、スゴイですねえ。

IMGP1971.jpg

これなんて、早春のちびちびヨモギたち。
オイルに放たれて、その姿をとりもどし中。
すごいなあ。ありがたいなあ。


IMGP1982 (1)

野山はまだ、枯れ草色。

IMGP1983 (1)

畑もぐっすり休眠中。

IMGP1974.jpg

最後に掘り出した大根たち、片っぱしから切り干しに。
お正月太りにめっちゃ効くという切り干し大根茶にしようと思ったのですが
結局フツーに、毎日の汁物にじゃんじゃん入れる、という形で活躍中。
味噌汁、カレー、煮込みうどん、豆乳鍋にもいれちゃいます。

IMGP1976.jpg

豆類たち。
落花生、小豆、花豆、ぺったんこ豆・・・
冷蔵庫いらずの保存食。

IMGP1977.jpg

勝手に生えて、勝手に実ったかぼちゃたち。
こういう子は腐りません。
立春前には、いただこうかな。

IMGP1978.jpg

だいすきな友人、KURIさん、Camino natural lab.さんのハーブたち。
はなやかで香り高く、夏の草木の生命力がぎゅっとつまっている気がします。。
ハーブティーきらいだったのになあ。
この方々のブレンドはいつも、とてもおいしいです。


IMGP1902.jpg


葛の糸での機仕事、水の中できらきらしていた葛たちを思い浮かべながら。
もう半分くらい、使っちゃった。
次の夏までに、使い切るかな。



豊かな豊かな草木の恵み。
正直、夏の盛りにはもう、あまりに豊かすぎちゃって、
受け止めきれない、味わいきれない感じがして。
今ようやく、全てが静止しているこの時期に、
ひとつひとつ自分のペースで味わえるのが心地よいです。


冬、いいな。







シカさんたち

運転中、キツネや鹿やタヌキやリスや
いろいろな生き物に出会えますが

写真におさめるほどのヒマはなかなか
与えていただけないのです。

カメラを取り出す時間の猶予。
後ろから車が来ないというタイミング。
生き物が逃げずにそこにいるという幸運。

・・・

諸々、恵まれまして、ついに

シカたち


撮れたあ(^0^)!

なかなかのぎゅうぎゅう具合、ちゃんと撮れたー!(^0^)

たくさん遊んだ紙工作たち

八王子の教室を手放して、3年。
どっぷり山暮らしに突入し、それでもなんだかんだと、
こどもアートの時間をいただいていて、
途切れなく出張図工屋、営業中です、ありがたいことですm(_ _)m。

ところで最近、気づいたことがありまして。

まちで活動していたときにド定番だった紙工作たちのいくつか、いえ、わりとほとんどが。
あんなに大人気で、あんなに盛り上がって、隙あらば予定表に書き込みがちだった、紙工作たちが。

なんだかこっちでは、出番が無いなあ、って。



あの場所でふんだんに手にはいる、紙パックやら何やらは
重要で魅力的な資源だったし、仲間とも共有しやすい制作ネタになるわけで。
そりゃもうたくさん考えたし、何度もやりました。
18年もするうちにネタも磨かれ、何度もみんなと楽しみました。

が。

あれといっしょだ、毛糸のミノムシ。そう思いました。


箱にきれいな毛糸をたくさん、細切れにしていれておいて
そこにミノムシをそっと放すと。
一晩で、カラフルな毛糸のミノムシができあがるのだそうです(^^)。


ミノムシも、わたしたちも。
今あるもので、毎日はできあがるのであって。

あの紙工作たち、あの場所だから必要で生まれたモノたちだったのだなあと。


大事に大事に、とっておいたけれど。
たぶんもうお役目を終えた、紙工作の見本たち。

お別れ前に、もう一度、ここにアップしてみます。






夏休み直前に、よくやったなあ、これ。
びっくりおばけ。

IMGP1958.jpg

いきますよ〜。
割り箸をぺこっと、向こうへ押すと。

IMGP1959.jpg

やっほう。
扉を自分であけて、おばけ登場。



小学生のあこがれ「びっくり箱」。

IMGP1960.jpg

IMGP1961.jpg

バネまで紙パック。
びしっと揃えて折って、つなぐのが肝心です。
キチンと仕上げに燃えるタチの、職人気質なみなさまにぴったり。燃えます。





こちらは幼児にも小学生にも人気でした、
紙パックの冷蔵庫。

IMGP1962.jpg


くるりんセロテープで、食材を出したりしまったりが簡単。
各ご家庭の食卓が反映され、
「これパパのキムチね」だの
「びいるはこの棚なんだよ」だの
卵の居場所はどこなのか問題、だの・・・
毎度、盛り上がりました。
それにしても、ああ、今みると、まったくもって、タネも仕掛けも無さすぎる工作!
それでもほんとに楽しかった!




ああ、これは不思議ですよ。

IMGP1963.jpg
こっちの扉をあけると、2部屋。
IMGP1964.jpg
反対に開けると、1部屋。
IMGP1965.jpg

病院勤務の友人が、患者さんに教えてもらったという
隠し扉の小物入れ。
おもしろいこと考える人が、いるもんだなああ。




紙パックのアイディアがほんとに多い、めっちゃ多い。
どの園でも速攻で大量に調達できたし、
頭の中はいつも「あれで何かできないか」ってなってたから

どの箱でもよかろうに、
紙パックでのミニ劇場・・・

IMGP1966.jpg

斜めに切ってみたりして、工夫したねえ、若い日の私。うむ、うむ。




ああ、これも、1年おきにやる勢いだったなあ。
夏は必ずこれだったなあ。
ぷちぷち梱包材の、ビニールバッグ。

IMGP1967.jpg

画用紙をぷちぷちで包んだだけなのに。
水に強くて、描いたものが守られて。
それだけのことを、こどもたち、喜んでくれたなあ。

IMGP1968.jpg

こどもがあんなに、バッグ好きだとは、知らなかったなあ。
とくに女子、お迎えにきたヨチヨチ歩きの赤ん坊でも、
バッグと見ると奪いかねない勢いだったなあ。
バッグ、すきなんだよねえ。なんでかねえ。


ゆらゆらフライパン。
キノコを炒めてますよ。
ゆらゆら、じゅーじゅー、炒めますよ。
ゆらゆらふ

紙テープのバネをつくるのを覚えて、
いくつもいくつも作るのが楽しくて。
たまご、ウインナー、ブロッコリー、みんないろいろ作ってたなあ。



今あるもので、何ができるか。



ド派手な布が手に入ったら「王様の絵」とか称して、こんなの作ってみたりとか。


たまたま手に入ったもの、いつでも手にはいるもの。
人数分で分けてみて、さあ何ができるかなって。

今もやってることは、同じだけど。


ミノムシが山でおうちをつくると、お山の色のおうちになるのであって。

自分は、あの場所からちょっと違う場所に暮らしているのだなと
かつての仕事をふりかえって、あらためて、思いました。


どこにいても。
そこで出会うこどもたちと一緒に、
その場所でできる、一番たのしいこと。
知恵を絞って模索します。



あのころたくさん遊んだ紙工作、
ありがとう、ありがとう。
たのしかったよ。


雪のおふとん

きのうの積雪、15センチ程度。

IMGP1923.jpg

この地においては、みなさん、「軽く済んでよかったね」というボリュームの雪でした。

IMGP1924.jpg

久々の雪化粧が眩しく美しく、なんだか若干あたたかく感じられるほど。
でしたが。


今日からの寒さときたら。

IMGP1945.jpg

宮沢賢治のお話にでてくるような、美しくもおそろしい荒天。

晴れてたのに急にまっくらな吹雪、とか
砂嵐のような地吹雪、とかの

ここんとこ経験してないような、別次元の冬。


きのうの雪は、畑をしっかり覆っています。

ありがたや、雪のおふとんです!



数日続くという寒波から、
植物たち、ぬくぬく守られますように。

ぬくぬく(^^)。
プロフィール

たわらゆうこ

Author:たわらゆうこ
俵裕子(たわらゆうこ)

出張図工屋、ときどき絵描き。
さまざまな「手のこと」をみなさんとシェアしながら
暮らすこと、生きることの知恵を
取り戻す活動をしています。

過去の絵本作品は↓
●『ペタさんはスタンプがすき』
(フレーベル館・キンダーメルヘン11月号)
●『いろ』(フレーベル館・しぜん2月号)など。



18年続けてきたおさひめ幼稚園の造形教室・Art&Craftは
2014年の師走をゴールとし
無事完走させていただきました。

現在は
◯オルタナティブスクール「まあるいがっこう」
◯夜の図工@豆の花
の2カ所で定期的に
出張図工屋をしています。

その他、「てがきや・ぐるぐるへび」
または、「たきびや・ぐるぐるへび」と称して
イベント出店しています。


このブログではこどもたちとのすてきな出来事、作品、
その他日常のあれこれなどを
徒然に紹介していきたいと思います。

☆ツイッターはじめました☆
yuko521


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR